フューエルサプライシステム

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Maruti Suzuki Baleno (India) 2018

Compagnie Plastic Omnium SE

フューエルシステム
ASEAN・インド・韓国 Maruti Suzuki Celerio (India) 2018

Denso International India Pvt. Ltd.

フューエルレベルセンサー
ASEAN・インド・韓国 Maruti Suzuki Celerio X (India) 2018

Denso International India Pvt. Ltd.

フューエルレベルセンサー
中国 FAW Toyota Toyota Corolla (China) 2018

Otics Mechanical Industry Chang Shu Co. Ltd.
[欧徳克斯機械工業(常熟)有限公司]

フューエルサプライシステム
中国 FAW Toyota Toyota Crown (China) 2018

Otics Mechanical Industry Chang Shu Co. Ltd.
[欧徳克斯機械工業(常熟)有限公司]

フューエルサプライシステム
中国 FAW Toyota Toyota Vios (China) 2018

Otics Mechanical Industry Chang Shu Co. Ltd.
[欧徳克斯機械工業(常熟)有限公司]

フューエルサプライシステム
日本 Nissan Cube 2009

Araymond France SAS (Saint-Egrève)

フューエルシステム
日本 Nissan Cube 2009

TI Fluid Systems plc. (旧 TI Automotive Limited)

フューエルデリバリーモジュール
欧州 Audi A3 Sportback (Germany) 2021

NORMA Group SE

フューエルラインシステム
欧州 DS Automobiles DS DS 3 Crossback (France) 2021

Compagnie Plastic Omnium SE

フューエルシステム
欧州 Rolls-Royce Ghost (UK) 2021

Vitesco Technologies Group AG

フューエルデリバリーモジュール
米州 GM Chevrolet Suburban (USA) 2021

Plastic Omnium Auto Inergy SAS

フューエルシステム
米州 Volkswagen e-Delivery (Brazil) 2021

VOSS Automotive GmbH

フューエルシステム
米州 BMW X5 (USA) 2019

Continental AG

フューエルデリバリーモジュール
 サプライヤー一覧

検索結果 243


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
愛三工業 (株) 〒474-8588 愛知県大府市共和町1-1-1 主要部品メーカー image
(株) アイシン (旧 アイシン精機 (株)) 〒448-8650 愛知県刈谷市朝日町2-1 主要部品メーカー image
Aptiv (China) Investment Co., Ltd.
[安波福(中国)投資有限公司]
Floor 1, Building 3, No.118, Delin Road , Free Trade Pilot Zone, Shanghai, China 主要部品メーカー image
Benteler Group (Benteler Automobiltechnik GmbH) Schillerstraße 25-27 5020 Salzburg Austria 主要部品メーカー image
Bosch (China) Investment Ltd.
[博世(中国)投資有限公司]
333 Fuquan Road North, Changning District Shanghai, 200335, China 主要部品メーカー image
 ニュース
2021年10月12日(火)

・現代自動車は10月8日、同社が参加する水素重量級車両産業グループ(Hydrogen Heavy Duty Vehicle Industry Group)が水素の補給を標準化するためにパートナーを組むと発表した。これにより、水素を広範囲で適用できるようにするという。
・現代自以外で同グループに参加しているのは、フランスの産業用ガス会社エアリキード(Air Liquide)、ノルウェーの水素技術企業Nel Hydrogen、米国の新興電気自動車(EV)メーカーのニコラ(Nikola)、シェル、トヨタといった水素に強みを持つ企業。
・同グループは今回、世界標準の70 MPaの重量級車両の高流量(H70HF)充填ハードウェア部品を実用化するために、燃料計量機のタツノと熱可塑性プラスチックホースのTransfer Oil S.p.A.と契約を締結した。
・同グループは、重量級車両に必要な燃料供給スピードを実現するための水素燃料供給ハードウェアの課題に対応することを目的として、2019年2月に結成された。また、ハードウェアの性能をテスト・評価したり、世界中での採用を目指してコネクターの設計を標準化することも目的としている。
・今回の契約の対象となったハードウェア部品については、米国エネルギー省が策定したTechnical Targets for Hydrogen-Fueled Long-Haul Tractor-Trailer Trucksに沿った平均10kg/分の水素充填量を想定している。テストは独立した試験施設で計画されており、2021年第4四半期に開始される。2022年第1四半期には性能と安全性に関する予備的な結果が得られるという。
現代自のリリースをみる

2021年08月02日(月)

・トヨタはこのほど大分県のオートポリスで開催された耐久レースに、開発中の「水素エンジン」を搭載した参戦車両を投入した。
・耐久レースへの水素エンジン車の投入は、5月の「富士SUPER TEC 24時間レース」に続いて2回目となる。1回目の参戦から約2カ月間でスピーディな課題改善を実施し、トルクを約15%向上させたほか、水素充填時間を約5分から約3分に短縮した。
・燃料電池が水素を空気中の酸素と化学反応させて電気を発生させモーターを駆動させるのに対し、水素エンジンはガソリンエンジンから燃料供給系と噴射系を変更し、水素を燃焼させることで動力を発生させるもの。ガソリンエンジンでも発生するごく微量のエンジンオイル燃焼分を除き、走行時にCO2は発生しない。
・グリーン水素は前回の「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」に加え、大林組およびトヨタ自動車九州から供給を受けた。
トヨタのリリースをみる

2021年07月15日(木)

・欧州委員会は7月14日、2030年までに温室効果ガス排出量を1990年と比較して少なくとも55%削減し、2050年までに気候ニュートラルを目指す「欧州グリーンディール」を推進する包括案を発表した。エネルギー、土地利用、輸送、税制改正などに関する提案がなされた。
・交通分野では排出量取引を補完するため、排出量増加への複数の対策の組み合わせが必要だとしている。
・乗用車・バンのCO2排出基準の厳格化によりゼロエミッション・モビリティへのシフトを加速させる。
平均CO2排出量を2021年の水準と比較して2030年以降は55%、2035年以降は100%の削減が義務付けられ、2035年時点で登録される新車は全てゼロエミッション車となる。
・欧州全域で信頼性の高い供給網を展開するよう、代替燃料供給インフラ展開指令の改正により、EU加盟国に対しゼロエミッション車の販売状況に合わせた充電能力の拡大を課す。主要幹線道路沿いに、充電ステーションは60km間隔、水素ステーションは150km間隔での設置を義務付ける。
European Commission press release