フューエルサプライシステム

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド Maruti Suzuki Baleno (India) 2018 Plastic Omnium S.A. フューエルシステム
ASEAN・インド Maruti Suzuki Celerio (India) 2018 Denso International India Pvt. Ltd. フューエルレベルセンサー
ASEAN・インド Maruti Suzuki Celerio X (India) 2018 Denso International India Pvt. Ltd. フューエルレベルセンサー
中国 FAW Toyota Toyota Corolla (China) 2018 Otics Mechanical Industry Chang Shu Co. Ltd.
[欧徳克斯機械工業(常熟)有限公司]
フューエルサプライシステム
中国 FAW Toyota Toyota Crown (China) 2018 Otics Mechanical Industry Chang Shu Co. Ltd.
[欧徳克斯機械工業(常熟)有限公司]
フューエルサプライシステム
中国 FAW Toyota Toyota Vios (China) 2018 Otics Mechanical Industry Chang Shu Co. Ltd.
[欧徳克斯機械工業(常熟)有限公司]
フューエルサプライシステム
日本 Nissan Cube 2009 A RAYMOND SARL フューエルシステム
日本 Nissan Cube 2009 TI Automotive Limited フューエルデリバリーモジュール
欧州 BMW 8 Series Coupe (Germany) 2019 Continental AG フューエルデリバリーモジュール
欧州 SEAT Tarraco (Germany) 2019 Continental AG フューエルデリバリーモジュール
欧州 Ford Fiesta 2018 Bourns Sensors GmbH フューエルレベルセンサー
米州 BMW X5 (USA) 2019 Continental AG フューエルデリバリーモジュール
米州 Chrysler Ram 1500 (USA) 2019 Plastic Omnium S.A. フューエルシステム
米州 Nissan Infiniti QX50 (Mexico) 2019 TI Automotive Limited フューエルモジュール
 サプライヤー一覧

検索結果 227


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
愛三工業 (株) 〒474-8588 愛知県大府市共和町1-1-1 主要部品メーカー image
アイシン精機 (株) 〒448-8650 愛知県刈谷市朝日町2-1 主要部品メーカー image
Amalgamations Group 861/862, Anna Salai, Chennai- 600 002, Tamil Nadu, India 主要部品メーカー image
Benteler Deutschland GmbH Residenzstrasse 1, 33104, Paderborn, Germany 主要部品メーカー image
Bosch [Robert Bosch LLC] 38000 Hills Tech Drive, Farmington Hills, Michigan 48331 USA 主要部品メーカー image
 ニュース
2018年07月05日(木)

Continentalは、フレキシブルなシステムを利用してエンジンマネジメントやシステムの性能確保を行い、メーカー側の要求や各国の排ガス規制に対応していると発表した。20204月に排ガス規制BS-VIが導入されるインドを含むアジアの2輪市場では近い将来、ガソリンインジェクション技術が標準となる。Continentalは、最大150ccの単気筒エンジン向け燃料供給ユニットや、スペースを最適化した「Deka 10」などの最新世代の燃料噴射装置を2輪車向けに提供している。(201875日付プレスリリースより)

2018年06月21日(木)

・現代自グループとアウディは6月20日、多岐に及ぶ燃料電池電気自動車(FCEV)の部品と技術に関する、複数年のクロスライセンス特許契約を締結したと発表した。同契約は、起亜自動車およびアウディの親会社であるフォルクスワーゲンにも恩恵をもたらす。
・現代自は第一段階として、「ix35」の燃料電池車と120kWモーターを搭載した専用燃料電池プラットフォームをベースにした「NEXO」の開発から蓄積された知識に基づき開発された燃料電池部品の使用権限を、アウディに付与する。
・現代自は、2013年からFCEVおよびSUVを展開しており、現在は18カ国で販売している。
・VWグループ傘下で燃料電池技術の開発を担当するアウディは、現代モービスを中心としたFCEV部品サプライチェーンを最大限活用することができるようになる。
・現代モービスは2017年に、FCEVの中核部品の統合生産システム構築をした世界初の企業となった。
・韓国の忠州 (Chungju) 市にあるモービスの工場は現在、燃料スタック、駆動モーター、パワー電子部品、水素燃料供給ユニットからなるパワートレイン燃料電池(PFC)モジュールの年間生産能力が3,000台となっており、将来の市場需要に応じてPFCモジュール生産能力を数万台に増加していくという。
現代グループのプレスリリースをみる

2018年04月05日(木)

・ロシアの商用車大手カマズ(KAMAZ)は3月30日、KAMAZ-Leasingを通して、モスクワの建設会社Dionys Construction Companyに5台のダンプカーをリース契約で納入したと発表した。
・このリース契約は、「My business」と命名された国からの優遇プログラムに基づいて補助金を受け、頭金が12.5%割引された。
・納入されたダンプカー「KAMAZ-6520」は、6x4で最大20トンまでの貨物輸送用に設計されている。
・このダンプカーには、Bosch製の燃料供給システム、コモンレールシステム、キャビン用エアサスペンション、Continental製部品が組み込まれたロシアの標準タコグラフが装備されている。
KAMAZのプレスリリースをみる