フューエルポンプ

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド Maruti Suzuki Celerio (India) 2018 Denso International India Pvt. Ltd. フューエルポンプ
ASEAN・インド Maruti Suzuki Celerio X (India) 2018 Denso International India Pvt. Ltd. フューエルポンプ
ASEAN・インド Maruti Suzuki DZire (India) 2018 Denso International India Pvt. Ltd. フューエルポンプ
中国 Dongfeng Honda Honda CR-V (AWD) (China)   2019 Dongguan Keihin Engine Management System Co., Ltd.
[東莞京濱汽車電噴装置有限公司]
フューエルポンプ
中国 Dongfeng Honda Honda Civic (思域) (FF) (China)   2019 Dongguan Keihin Engine Management System Co., Ltd.
[東莞京濱汽車電噴装置有限公司]
フューエルポンプ
中国 Dongfeng Honda Honda Gienia (競瑞) (FF) (China)   2019 Dongguan Keihin Engine Management System Co., Ltd.
[東莞京濱汽車電噴装置有限公司]
フューエルポンプ
日本 Nissan Note e-POWER 2018 Plastic Omnium S.A. フューエルポンプ
日本 Daihatsu Altis Hybrid 2016 愛三工業 (株) フューエルポンプ
日本 Daihatsu Atrai Wagon 2016 愛三工業 (株) フューエルポンプ
欧州 Daimler Mercedes-Benz G-Class (Austria) 2018 Continental AG 電動フューエルポンプ
欧州 Skoda Kodiaq L&K (Czech Republic) 2018 Magneti Marelli S.p.A. GDIポンプ
欧州 BMW 5 Series 2017 Alfmeier Praezision AG フューエルポンプ
米州 Ford GT (Canada) 2018 TI Automotive Limited フューエルポンプ
米州 Chrysler Pacifica (USA) 2017 Bourns Sensors GmbH フューエルレベルセンサー用フューエルカード
米州 Ford F-250 Super Duty (USA) 2017 Dana Incorporated (旧 Dana Holding Corporation) ディーゼルフューエルクーラー
 サプライヤー一覧

検索結果 483


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
愛三工業 (株) 〒474-8588 愛知県大府市共和町1-1-1 主要部品メーカー image
Alfmeier Praezision AG Industriestrasse 5, 91757 Treuchtlingen, Germany 主要部品メーカー image
Bosch [Robert Bosch LLC] 38000 Hills Tech Drive, Farmington Hills, Michigan 48331 USA 主要部品メーカー image
Bosch [ボッシュ (株)] 〒150-8360 東京都渋谷区渋谷3-6-7 主要部品メーカー image
Bosch [Robert Bosch GmbH] Robert-Bosch-Platz 1, 70839 Gerlingen-Schillerhoehe, Baden-Wuerttemberg, Germany 主要部品メーカー image
 ニュース
2018年10月25日(木)

韓国のKolon BASF innoPOMは、慶尚北道の金泉1一般産業団地にてエンジニアリングプラスチックのポリオキシメチレン (POM) 新工場が完成したと発表。設備投資額は約2,600億ウォンで、年間7万トンのPOM生産能力を備える。POMは高温多湿の環境下でも形態変化が少なく、摩擦・摩耗に強いという特徴を持つ。現在、全世界需要量の約40%が自動車燃料ポンプ、シートベルトなどの素材として使用されている。なお、Kolon BASF innoPOMは韓国Kolon PlasticsとドイツBASFの折半出資により、2016年に設立された。この新工場ではKolonKocetal製品およびBASFUltraform製品を生産する。(20181025日付プレスリリースより)

2018年09月27日(木)

・フォードは9月20日、ブラジルのカマサリ(Camacari)工場で生産されているコンパクトカー「カー(Ka)」が新しいラテンNCAP衝突試験において、成人乗員保護性能で3つ星を、子ども乗員保護性能で4つ星を獲得したと発表した。
・この結果は、車両試験においてフォードがより厳格な基準を導入した2017年の結果と比較して改善している。
・車両に導入された主な変更点には車体の補強があり、板厚が1.2 mmまで増加している。また、重要個所には超高張力鋼板が使用されている。
・ラテンNCAPは、競合車とは違ってエントリーグレードのSE(2つのエアバッグ、ABS、ISO FIX対応チャイルドシートフック搭載)と上級グレードのTitaniumおよびFreestyle(6つのエアバッグ、電子安定制御装置、トラクションコントロールシステム搭載)を評価した。
・「カー」独自のもう一つの特徴は、事故が発生してエアバッグが作動したり燃料ポンプが停止した場合に、緊急医療サービスであるSAMUを自動的に呼び出す緊急支援機能がSYNC 3マルチメディアシステムに組み込まれている点である。
フォードのプレスリリースをみる

2018年09月19日(水)

・日産は13日、改良型1.5Lディーゼルエンジン搭載 の「キャシュカイ(Qashqai)」の欧州での投入を発表した。
・「キャシュカイ」の改良型1.5Lディーゼルエンジンは最高出力115PS、最大トルクは260Nm。新しいオーバーブースト機能の搭載により、最大15秒間の走行でそれぞれ5PSと25Nmの追加出力を供給する。
・また、AdBlueを使用して窒素酸化物(NOx)の排出を削減する選択触媒還元技術も新たに追加された。この技術により、効率と性能を維持しながら最新のEuro 6d-Temp排ガス基準の要件を満たすことが可能となる。
・オイルクーラーモジュール、オイルフィルター、デュアルマスフライホイール、真空ポンプ、高圧燃料ポンプなど、エンジンの構成部品の90%以上が改良されている。
・「キャシュカイ」に装備されるインテリジェント・モビリティ技術には、最新の運転支援システムである「ProPILOT」などが含まれる。
日産のリリースをみる