フロントエンドモジュール

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド Honda Accord (Thailand) 2018

H-ONE Parts (Thailand) Co., Ltd.

フロントバルクヘッド
ASEAN・インド Honda Accord Hybrid (Thailand) 2018

H-ONE Parts (Thailand) Co., Ltd.

フロントバルクヘッド
ASEAN・インド Honda BR-V (Thailand) 2018

H-ONE Parts (Thailand) Co., Ltd.

フロントバルクヘッド
中国 Dongfeng Honda Honda Civic (思域) (China) 2018

Wuhan Moriroku Technology Co., Ltd.
[武漢森六汽車配件有限公司]

カウルカバー
中国 Dongfeng Honda Honda Gienia (競瑞) (China) 2018

Wuhan Moriroku Technology Co., Ltd.
[武漢森六汽車配件有限公司]

カウルカバー
中国 Dongfeng Honda Honda Greiz (哥瑞) (China) 2018

Wuhan Moriroku Technology Co., Ltd.
[武漢森六汽車配件有限公司]

カウルカバー
日本 Nissan GT-R 2014

カルソニックカンセイ (株)

フロントエンドモジュール
日本 Nissan NV350 Caravan 2014

カルソニックカンセイ (株)

フロントエンドモジュール
日本 Nissan Skyline 2014

カルソニックカンセイ (株)

フロントエンドモジュール
欧州 Daimler Mercedes-Benz A-Class (Germany) 2019

HBPO GmbH (Headquarters)

フロントエンドモジュール
欧州 Peugeot 5008 (France) 2019

Batz Sistemas Coop.

フロントエンド
欧州 Skoda Scala (Czech Republic) 2019

Borealis Polyolefine GmbH

フロントエンドモジュール
米州 Audi TTS 2018

HBPO GmbH (Headquarters)

フロントエンドモジュール
米州 Chrysler Dodge Grand Caravan 2018

HBPO Canada Inc.

フロントエンドモジュール
米州 Chrysler Jeep Compass (Mexico) 2018

HBPO GmbH (Headquarters)

フロントエンドモジュール
 サプライヤー一覧

検索結果 106


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
カルソニックカンセイ (株) 〒331-8501 埼玉県さいたま市北区日進町 2-1917 主要部品メーカー image
Gestamp Automocion S.A. Alfonso XII, 16, Madrid 28014, Spain 主要部品メーカー image
Hanon Systems (旧 Halla Visteon Climate Control) 95, Sinilseo-ro, Daedeok-gu, Daejeon, Korea 主要部品メーカー image
HELLA KGaA Hueck & Co. Rixbecker Strasse 75, 59552 Lippstadt, Germany 主要部品メーカー image
Hyundai Mobis Co., Ltd.
[現代モービス (株)]
203 Teheran Road (Yeoksam-dong), Gangnam-gu, Seoul, Korea 主要部品メーカー image
 ニュース
2019年02月14日(木)

Plastic Omniumは、2016年から2018年にかけての設備投資額が連結売上高の7.8%相当となる561.6百万ユーロだったと発表した。この投資プログラムには、BMW向け製品を製造する米国サウスカロライナ州Greer工場と中国瀋陽工場、Maruti Suzukiに製品を供給するインドHansalpur工場、日産向け製品を生産する米国テネシー州Smyrna工場、Daimlerにフロントエンドモジュールを供給するメキシコ工場の新設などが含まれる。現在はインド、モロッコ、スロバキア、中国、マレーシアの5工場と、メキシコ、中国、ドイツのモジュール組立施設の建設が進行中。また、2019年はベルギーBrusselsの新エネルギー分野の先進研究センター「Δ-Deltatech」と中国武漢のクリーンエネルギーシステム開発・テストセンターの新設を、2020年にはLyonのグローバル研究開発センターのデジタル化および拡張を計画する。(2019214日付プレスリリースより)

2019年01月21日(月)

Mexico-Now は、HELLAPlastic Omniumの合弁会社でフロントエンドモジュールを手掛けるHBPOSaltillo工場が完成し、FCAの新プログラムをサポートする準備に入ったと報じた。HBPOは新工場が操業を開始する日やサポートするFCAプログラムの内容について明らかにしなかったが、先日北米国際自動車ショーで発表され、2019年3月から米国で発売予定の大型ピックアップトラックRam2500/3500」である可能性が高いという。新工場の開設により、HBPOはメキシコ国内で5カ所のジャストインシーケンス工場を操業することとなる。Pueblaの2工場ではVolkswagenおよびAudi向け製品を、Toluca工場ではFCA用モジュールを製造している。また、2018年には4番目の拠点をAguascalientesに新設し、Mercedes-Benz「A-Class」向け製品を生産している。(2019年1月21日付 Mexico-Nowより)

2019年01月16日(水)

・メキシコ自動車工業会(AMIA)/INEGIが発表した2018年12月の生産台数は、前年同月比9.7%減の23万7,677台となった。内訳は、乗用車が8.3%増の10万2,709台、ライトトラックが19.8%減の13万4,968台。2018年通年では前年比0.6%減の390万8,139台。
・INEGIのデータには、2018年9月からメルセデス・ベンツ「Aクラス(A-Class)」を生産しているCOMPAS (Cooperation Manufacturing Plant Aguascalientes)工場(日産との間で折半出資)のダイムラーの生産台数が含まれていない。
・ダイムラーのサプライヤーであるHBPOは週6日、毎日400個のフロントエンドモジュールを供給していることから推定すると、ダイムラーの生産は月産約1万400台と推測される。2018年のダイムラーの推定生産分2万3,980台を加味すると、メキシコの2018年通年生産は前年比で横ばいとなる。
・メーカー別の2018年生産台数では、GMが3.6%増の83万4,414台、日産が8.1%減の76万2,408台、FCAが0.1%増の63万9,022台、VWが5.6%減の43万5,373台、起亜が33.0%増の29万4,600台となった。
・ホンダは洪水の影響でセラヤ(Celaya)工場の生産が6月末から11月中旬まで停止したために、29.5%減の14万7,158台となった。
(Mexico-Now article on January 11, 2019)  (Inegi release on January 11, 2019)