ESC

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド Honda Accord (Thailand) 2018 Honda Lock Thai Co., Ltd. ABSホイールセンサー
ASEAN・インド Honda Accord Hybrid (Thailand) 2018 Honda Lock Thai Co., Ltd. ABSホイールセンサー
ASEAN・インド Honda BR-V (Thailand) 2018 Honda Lock Thai Co., Ltd. ABSホイールセンサー
中国 BAIC (Guanzhou) Senova Zhidao (智道) (FF) (China) 2019 Bosch Automotive Products (Suzhou) Co., Ltd.
[博世汽車部件(蘇州)有限公司]
ABS(1.5T)(6MT)
中国 BMW Brilliance BMW 525Li (FR) (China) 2019 TRW Automotive Components (Shanghai) Co., Ltd.
[天合汽車零部件(上海)有限公司(TACS)]
ABS(2.0T)(8AMT)
中国 BMW Brilliance BMW 530Li (FR) (China) 2019 TRW Automotive Components (Shanghai) Co., Ltd.
[天合汽車零部件(上海)有限公司(TACS)]
ABS(2.0T)(8AMT)
日本 Nissan Leaf 2018 日立オートモティブシステムズ (株) ESC
日本 Daihatsu Mira e:S 2017 (株) アドヴィックス ABS
日本 Toyota Prius 2017 (株) アドヴィックス 電子制御ブレーキシステム
欧州 BMW 5 Series 2017 Continental AG ABSセンサー
欧州 BMW M5 (Germany) 2017 ZF TRW Automotive Holdings Corp. (旧 TRW Automotive) ABS
欧州 BMW X3 2017 ZF TRW Automotive Holdings Corp. (旧 TRW Automotive) ABS
米州 Hino XL7 (USA) 2019 WABCO Holdings Inc. モジュール式ブレーキシステムプラットフォーム
米州 Hino XL7 (USA) 2019 WABCO Holdings Inc. ESC
米州 Hino XL8 (USA) 2019 WABCO Holdings Inc. モジュール式ブレーキシステムプラットフォーム
 サプライヤー一覧

検索結果 336


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
(株) アドヴィックス 〒448-8688 愛知県刈谷市昭和町2-1 主要部品メーカー image
アイシン精機 (株) 〒448-8650 愛知県刈谷市朝日町2-1 主要部品メーカー image
アルプスアルパイン (株) (旧 アルプス電気 (株)) 〒145-8501 東京都大田区雪谷大塚町1-7 主要部品メーカー image
Aptiv PLC (旧 Delphi Automotive PLC) 5725 Delphi Drive, Troy, Michigan 48098-2815, USA 主要部品メーカー image
Autoliv, Inc. Klarabergsviadukten 70, Section B7, SE-111 64, Stockholm, Sweden 主要部品メーカー image
 ニュース
2019年03月20日(水)

・3月19日付けのフォードプレスリリースとデトロイトニュースによると、フォードは7月初めの夏季休暇後にケンタッキー(Kentucky)トラック工場でフルサイズSUVを20%増産する計画を発表した。
・フォードの北米生産担当の副社長であるJohn Savona氏は、フルサイズSUVの「エクスペディション(Expedition)」やリンカーン「ナビゲーター(Navigator)」に対する需要が強く、20%の増産決定は今回が2回目となると語った。
・現在のケンタッキー工場の従業員数は8,100人で、近接するルイビル(Louisville)工場から550名が異動してくる。
・フォードは2018年11月、ルイビル工場で生産するコンパクトSUVの「エスケイプ(Escape)」やリンカーン「MKC」の減産により、同工場が2019年春に3シフトから2シフト体制に移行すると発表していた。
・ルイビル工場では今後、2019年後半に発売する次世代の「エスケイプ」と「MKC」用に生産治具の入れ替えを行う。
・ケンタッキー工場では、2018年に7万5,826台の「エクスペディション」と2万4,537台のリンカーン「ナビゲーター」を生産した。それら車種の2018年販売は、前年比それぞれ5%増と70%増であった。
・同工場ではフルサイズピックアップの「Fシリーズ スーパーデューティ(F Series Super Duty)」も生産しており、2017年には1日あたりの平均生産台数は1,000台であった。
・2018年から2019年にかけて、ケンタッキー工場は工場敷地の拡張無しに、ラインスピードを上げたり各種改善を取り入れることで、生産能力に対し102%の生産実績となった。
・組立チームは2層での作業を行っており、車の上での作業やプラットフォームから車体下側の作業を同時進行させている。
・同工場では生産工程の80%を見直し、ドアの組立ライン新設に2,500万ドルを投資した。
・ケンタッキー工場は24時間、週6日稼働で、週末の24時間がダウンタイムとなる。
(Ford press release on March 19, 2019) (Detroit News article on March 19, 2019)

2019年03月14日(木)

・VWトラック・バスのプレジデント兼社長のRoberto Cortes氏は3月7日、南米市場重視の姿勢とブラジルへの15億レアル(約450億円)の投資を確認したと発表した。
・同社はブラジルにおける新たな機会を求めている。先般の競合メーカー(フォード)の南米市場撤退により今後高まるとみられる需要に対して、VWトラック・バスと傘下のMANトラックの300以上のディーラーとインポーターで対応する。
・VWトラック・バスはレゼンデ(Resende)工場に加え、メキシコ・ケレタロ(Querétaro)にも組立ラインを確保し、アフリカでも生産提携を結ぶ。
・「リオデジャネイロ・レゼンデ工場の生産能力は3交替で年間10万台。現在は2交替で、うち1直はフル稼働に達していない」とCortes氏は語る。
・VWトラック・バスはブラジル最大の商用車輸出企業の一つ。30以上の新興国に向けた50車種以上を取り揃えると同時に、ブラジルの技術を活用した完全電気トラック・バス開発のパイオニアでもある。
(VWCO press release on March 7, 2019)

2019年03月07日(木)

万都は、中国・黒竜江省の黒河市に位置する冬季テストコースにおいて、上海GM、吉利汽車、NIO、Ford、長安汽車、長城汽車、BYDを含む現地完成車メーカー18社が参加する中で走行テストを実施した。このテストは氷路や雪路などの環境条件において自動車部品がその性能を発揮できるか試験し、顧客の承認を受けることを目的とする。同社は「ESC と自動運転ブレーキ (IDB) の自動運転に対応するシステムが好評を博したほか、MGH-100 (ABS/ESCシステム) は各顧客のニーズに合わせた最適なチューニングが可能な点が高く評価されるとともに、NVHが業界最高水準という評価を受けた」と説明した。(2019年3月7日付各種リリースより)