エンジン冷却モジュール

 シェア、納入状況

車両生産地別供給情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 BMW X5 (India) 2019

MAHLE Behr GmbH & Co. KG

エンジン冷却モジュール
ASEAN・インド・韓国 Maruti Suzuki Vitara Brezza (India) 2019

(株) デンソー

エンジンクーリング
ASEAN・インド・韓国 Maruti Suzuki Wagon R (India) 2019

Aptiv Components India Private Ltd. (旧 Delphi Automotive Systems Pvt. Ltd.)

エンジン冷却モジュール
中国 BMW Brilliance BMW iX3 (China) 2022

Shanghai MAHLE Thermal Systems Co., Ltd.
[上海馬勒熱系統有限公司]

冷却モジュール
中国 BYD BYD (比亜迪) Han (漢) DM (4WD) (China) 2022

Shanghai MAHLE Thermal Systems Co., Ltd.
[上海馬勒熱系統有限公司]

エンジン冷却モジュール(2.0T)(6AT)
中国 BYD BYD (比亜迪) Han (漢) DM-i (FF) (China) 2022

Shanghai MAHLE Thermal Systems Co., Ltd.
[上海馬勒熱系統有限公司]

エンジン冷却モジュール(1.5T)
日本 Mazda CX-30 2021

(株) 日本クライメイトシステムズ

エンジン冷却モジュール(PE-VPS)
日本 Mazda Mazda3 Fastback 2021

(株) 日本クライメイトシステムズ

エンジン冷却モジュール(P5-VPS)
日本 Mazda Mazda3 Fastback 2021

(株) 日本クライメイトシステムズ

エンジン冷却モジュール(PE-VPS)
欧州 Maserati Grecale (Italy) 2022

MAHLE GmbH

エンジン冷却モジュール
欧州 Volkswagen T7 Multivan (Germany) 2022

Standard-Metallwerke GmbH

冷却パイプ
欧州 Daimler Mercedes-Benz EQS (Germany) 2021

MAHLE GmbH

冷却モジュール
米州 Daimler Mercedes-Benz GLS (USA) 2020

Valeo Group

冷却モジュール
米州 BMW X5 (USA) 2019

MAHLE GmbH

冷却モジュール
米州 GM Chevrolet Blazer (Mexico) 2019

MAHLE GmbH

エンジン冷却モジュール
 サプライヤー一覧

検索結果 190


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Anand Automotive Limited 1 Sri Aurobindo Marg, Hauz Khas, New Delhi – 110016, India 主要部品メーカー image
BorgWarner Inc. 3850 Hamlin Rd, Auburn Hills, Michigan, 48326, USA 主要部品メーカー image
Bosch [Robert Bosch LLC] 38000 Hills Tech Drive, Farmington Hills, Michigan 48331 USA 主要部品メーカー image
Bosch (China) Investment Ltd.
[博世(中国)投資有限公司]
333 Fuquan Road North, Changning District Shanghai, 200335, China 主要部品メーカー image
Bosch [ボッシュ (株)] 〒150-8360 東京都渋谷区渋谷3-6-7 主要部品メーカー image
 ニュース
2021年08月18日(水)

Eatonは、48V技術製品を開発したと発表した。12Vもしくは24Vを使用していた商用車を48Vアーキテクチャへ移行させることに貢献する。48Vのシステムへ移行することにより、高度な車載システムへの給電を行うと同時に、排出量の削減と燃費改善を実現する。同社の48V技術には、車両用に48VのDC電力を生成するモータージェネレーターやインバーターが含まれる。Eatonはまた、NOx排出を抑制する48V電動触媒ヒーター用のパワーエレクトロニクスも開発している。そのほか、電動エンジン冷却ファンや電動エアコンコンプレッサーに加え、鉛蓄電池やスーパーキャパシタなどのエネルギー貯蔵システムも48Vシステムとして開発中。(2021年8月10日つけプレスリリースより)

2020年02月18日(火)

・フォードは2月6日、フォードのレーシング部門であるフォード・パフォーマンス(Ford Performance)が2020年型となるミッドエンジンのスーパースポーツカーの改良型「フォードGT (Ford GT)」を発売したと発表した。エンジンの最高出力を13hp引き上げ660hpとするとともに、冷却機能を強化した。
・2020年型「フォードGT」は引き続き3.5L Ecoboost V6ツインターボエンジンを搭載するが、2020年型ではトルク幅を広げエンジンキャリブレーションを再設定するとともに、 ギャラリー冷却ピストンや高エネルギー点火コイルの採用などメカニカル面での改善を図った。
・エンジン冷却やエアフローの機能強化にあたっては、空気の流れを50%増加させるバットレスエアダクトを採用し、大型化したインタークーラーが圧縮空気の温度を更に冷却し続ける。
・フォード・パフォーマンスはまた、欧州最大のエギゾーストメーカーであるアクラポヴィッチ(Akrapovic)のプレミアムチタンエギゾーストを標準採用した。
・新たに設定された「Liquid Carbon」特別仕様車は、クリアコートのみを施しカーボンファイバーの質感を引き出している。
・2020年型「フォードGT」の量産はカナダのMultimatic社に生産委託しており、既に納車も始まっている。2022年には生産終了する。

※画像をクリックすると拡大します
フォードのリリースをみる

2019年09月10日(火)

2019年9月10日、上海航天機電股份有限公司[Shanghai Aerospace Automobile Electromechanical Co., Ltd.](航天機電)は、自動車用熱交換システムのグローバルブランドをESTRAに統一すると発表した。同社は2019年3月28日に韓国 erae Automotive Systems Co., Ltd.の株式70%を買収し、子会社上海愛斯達克汽車空調系統有限公司[SDAAC Automotive Air-Conditioning Systems Co., Ltd. Shanghai](以下、愛斯達克)とともに自動車用熱交換システム業務の開発に注力してきた。愛斯達克とeraeが協力して技術及び製造能力を発展させるため両社を同一ブランドに統合し、カーエアコンとエンジン冷却システムに集中して、顧客にカスタマイズドソリューションを提供する。(2019年9月10日付けリリースより)