エンジン

 サプライヤー一覧

検索結果 292


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
愛知機械工業 (株) 〒456-8601 愛知県名古屋市熱田区川並町2-12 主要部品メーカー image
Cummins, Inc. 500 Jackson Street, Columbus, IN 47201 U.S. 主要部品メーカー image
Detroit Diesel Corporation 13400 Outer Drive West, Detroit, Michigan 48239 USA 主要部品メーカー image
Deutz AG Ottostrasse 1, 51149 Cologne-Porz (Eil), Germany 主要部品メーカー image
FAW Jiefang Automotive Co., Ltd. Wuxi Diesel Engine Works
[一汽解放汽車有限公司無錫柴油机廠]
No.99, East Yongle Road, Wuxi, Jiangsu Province, China 主要部品メーカー image
 ニュース
2019年03月25日(月)

・FCAは3月22日、サブコンパクトSUVの改良型である2019年型フィアット「500X」の最初の輸入車が米国(メリーランド州ボルチモア)に到着したと発表した。これ以降、米国の主要港に陸揚げされ、春には米国中のフィアットディーラー網に配給される。
・イタリアのメルフィ(Melfi)工場で生産された「500X」には、アイドリングストップ機能付きの最高出力177hp、最大トルク210 lb-ftの1.3L エンジンが搭載され、9速ATと組み合わされている。
・同車は人々の注目をひくイタリアンデザインをまとい、4輪駆動が標準設定されラインナップを引き立てている。
・前後のデザインが新しくなるとともに、アダプティブ・クルーズコントロール、前方駐車支援、ParkSenseフロント/後方駐車支援用のセンサーなど、安心安全の仕様が提供されている。

※画像をクリックすると拡大します
FCAのプレスリリースをみる

2019年03月25日(月)

・ダイムラーは3月20日、コンパクトSUVの改良型メルセデス・ベンツ「GLC」発表後わずか数週間で最新の改良型メルセデス・ベンツ「GLC Coupe」を発表した。
・クーペのスポーティさとSUVの機能性を熟練の技で巧みに組み合わせて成功したこのモデルは、際立ったルックス、最大限の自由、最先端技術を求めて止まない独立心旺盛な人のための車である。
・革新的技術、インテリジェント運転支援システム、一連の新エンジンにより、スポーティさ、安全性、効率の規範となる「GLC Coupe」が創られている。
・「GLC Coupe」には新エンジンが搭載されるが、1年後の市場投入までにさらに新しいエンジン群が加わる。ディーゼルエンジンは全て2020年から発効するユーロ6排ガス基準(Euro 6d standard [RDE – Real Driving Emissions Stage 2])に適合済みである。
Daimler Press Release

2019年03月25日(月)

・一汽集団は3月20日、紅旗ブランドが特定閉鎖エリアでの使用を想定したレベル4の自動運転技術を搭載した小型観光バスを開発したと発表した。2019年3月末に公開するとしている。
・最大の特徴は、運転席をなくしエンジンルームを最適化することで乗客のためのスペースを最大化したこと。車内にはロボットが設置され、乗客と音声でのやり取りを行うことができる。
・衛星、レーダー、画像などを融合した位置特定方式を採用し、車両が正確に車道を走行できるようにした。またブレーキシステムを幾重にも配して車両の安全を保証している。
・紅旗はこのほか、電気自動車(EV)の「HS3 EV」、プラグインハイブリッド車(PHV)の「H7 PHEV」の2モデルも3月末に公開する予定である。

※画像をクリックすると拡大します
一汽集団のリリースに基づく