ドライブシャフト

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド GM Chevrolet Captiva (Thailand) 2020

Hyundai WIA Corporation (旧 WIA Corporation)
[現代WIA (株)]

等速ジョイント
ASEAN・インド GM Chevrolet Captiva (Thailand) 2020

Hyundai WIA Corporation (旧 WIA Corporation)
[現代WIA (株)]

インボードジョイント
ASEAN・インド GM Chevrolet Captiva (Thailand) 2020

Hyundai WIA Corporation (旧 WIA Corporation)
[現代WIA (株)]

ドライブシャフト
中国 Dongfeng Nissan Infiniti QX50 (China) 2020

GKN Automotive Limited

ドライブシャフト
中国 Dongfeng Nissan Nissan Sylphy (China) 2020

GKN Automotive Limited

ドライブシャフト
中国 Dongfeng Passenger Vehicle Aeolus Yixuan (奕炫) (China) 2020

Shanghai GKN HUAYU Driveline Systems Co., Ltd.
[上海納鉄福伝動系統有限公司]

ドライブシャフト
日本 Daihatsu Altis Hybrid 2020

光精工 (株)

中間ドライブシャフト
日本 Daihatsu Cast Activa 2020

(株) ジェイテクト

ドライブシャフト
日本 Daihatsu Cast Sport 2020

(株) ジェイテクト

ドライブシャフト
欧州 Audi A3 Sportback (Germany) 2021

Sueddeutsche Gelenkscheibenfabrik GmbH & Co. KG

ドライブシャフトカップリング
欧州 Daimler Mercedes-Benz CLA (Hungary) 2021

GKN Automotive Limited

リアサイドシャフト
欧州 Porsche Cayenne Coupe (Slovakia) 2021

GKN Automotive Limited

フロントサイドシャフト
米州 Daimler Mercedes-Benz GLS (USA) 2021

GKN Driveline North America, Inc.

フロントサイドシャフト
米州 GM Cadillac Escalade (USA) 2021

NTN (株)

リアドライブシャフト
米州 GM Cadillac Escalade ESV (USA) 2021

NTN (株)

リアドライブシャフト
 サプライヤー一覧

検索結果 389


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
American Axle & Manufacturing Holdings, Inc. One Dauch Drive, Detroit, MI 48211-1198, USA 主要部品メーカー image
Anand Automotive Limited 1 Sri Aurobindo Marg, Hauz Khas, New Delhi – 110016, India 主要部品メーカー image
BorgWarner Inc. 3850 Hamlin Rd, Auburn Hills, Michigan, 48326, USA 主要部品メーカー image
Dana Incorporated (旧 Dana Holding Corporation) 3939 Technology Drive, Maumee, OH 43537, USA 主要部品メーカー image
Eaton Corporation plc 1000 Eaton Boulevard, Cleveland, Ohio, 44122 USA 主要部品メーカー image
 ニュース
2021年03月11日(木)

NTNは、GMのフルサイズSUVの新型「エスカレード(Escalade)」にリヤ用ドライブシャフトが採用されたと発表された。従来のフルサイズSUVの後輪には、車軸懸架 (リジッドアクスル) のサスペンションが一般的であったが、今回の「エスカレード」では独立懸架式のリアサスペンション (IRS) を採用している。このIRSに使用されているドライブシャフトは、新開発のシャシー技術である「マグネティックライドコントロール」、「アダプティブエアライドサスペンション」、「電子制御式リミテッドスリップディファレンシャル (eLSD)」と連動している。また、軽量コンパクトを実現するNTN独自技術の8ボール設計採用のほか、リヤ用ドライブシャフトに必要な作動角とする専用設計、中空シャフトによる軽量・高剛性などが特徴。同社のドライブシャフトは、シボレー「タホ(Tahoe)」、「サバーバン(Suburban)」、GMC「ユーコン(Yukon)」などのGM社のフルサイズSUV全車に採用されているという。(2021年3月11日付プレスリリースより)

2021年02月12日(金)

American Axle & Manufacturing (AAM)は、ラムのヘビーデューティ・ピックアップトラック「ラム2500/3500」向けにアクスルおよびドライブシャフトを供給すると発表した。AAM2030年までラムの戦略的ドライブラインサプライヤーとして製品を供給する予定で、売上高は数十億ドルを超えると見込まれる。(2021年212日付プレスリリースより)

2020年12月17日(木)

ホンダは12月15日、米国で約144万台、全世界で約179万台を対象とする4件のリコールを発表した。
リコールの内容は以下の通り:

  • 1件目は、米国で販売した2002-2006年型の「CR-V」約26万8,000台を対象とする。雨や液体が特定の状況下で運転席のパワーウィンドウのマスタースイッチに侵入した場合、スイッチ基板が発熱または溶け出し、発火する可能性がある。これによる事故や負傷者は確認されていないが、16件の火災が報告されているという。
  • 2件目は、米国で販売した2018-2020年型の「アコード(Accord)」、2018-2020年型の「アコード ハイブリッド(Hybrid)」、2019-2020年型の「インサイト(Insight)」の計73万7,000台を対象とする。不具合によりボディコントロールモジュールのソフトウェアがモジュールと他の部品との通信を遮断し、複数の警告灯の点灯と、特定の電子部品(リアビューカメラのディスプレイやウインカーなど)の誤作動を引き起こすおそれがある。これによる事故や負傷者は確認されていないという。
  • 残り2件は、米国北部の22州とコロンビア特別区で販売した2012年型「シビック(Civic) ハイブリッド」、2007-2014年型「フィット(Fit)」、2013-2015年型「アコード」、2013年型のアキュラ「ILX ハイブリッド」、2013-15年型のアキュラ「ILX」の計約43万台を対象とする。フロントドライブシャフトの保護コーティングの不具合に加え、冬場に道路へ散布する塩の影響を長期間受けることにより、ドライブシャフトが腐食・破損するおそれがある。これによる事故や負傷者は確認されていないという。

最初の2件については2021年1月末から、残り2件については2021年2月初めから、ユーザーへの通知を開始するという。

ホンダのリリースをみる [1], [2], [3]