ディスプレイ

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Hyundai Ioniq 5 (Korea) 2021

Samsung Display Co., Ltd.

OLEDディスプレイ
ASEAN・インド・韓国 Renault Samsung Renault Arkana (Korea) 2021

LG Electronics Inc. (LGエレクトロニクス)

センターインフォメーションディスプレイ
ASEAN・インド・韓国 Genesis GV80 (Korea) 2020

Continental AG

3Dディスプレイ
中国 GAC Aion Aion (埃安) V (China) 2021

Marelli Automotive Electronics (Guangzhou) Co. Ltd.
[馬瑞利汽車電子(広州)有限公司]

インストルメントクラスターディスプレイ
中国 GAC Motor Trumpchi (伝祺) GS4 Plus(FF) (China) 2021

Foryou Corporation
[恵州市華陽集団股份有限公司]

センターインフォメーションディスプレイ(1.5L)(6AT)
中国 Great Wall Haval (哈弗) M6 PLUS (China) 2021

Huizhou Foryou General Electronics Co., Ltd.
[恵州華陽通用電子有限公司]

センターインフォメーションディスプレイ(1.5T)(6MT)
日本 Honda Honda e 2021

日本電気硝子 (株)

車載ディスプレイ用カバーガラス
日本 Mazda CX-9 2021

Visteon Corporation

センターインフォメーションディスプレイユニット
日本 Toyota Alphard 2021

アルプスアルパイン (株) (旧 アルプス電気 (株))

フリップダウンディスプレイ
欧州 Audi A6 Avant (Germany) 2021

Innolux Corp.
[群創光電股份有限公司]

センターディスプレイ
欧州 Audi A6 Limousine (Germany) 2021

Innolux Corp.
[群創光電股份有限公司]

センターディスプレイ
欧州 Audi A7 Sportback (Germany) 2021

Innolux Corp.
[群創光電股份有限公司]

センターディスプレイ
米州 BMW X5 (USA) 2021

Alpine Electronics Mfg. of Europe Ltd.

後席用ディスプレイ
米州 BMW X6 (USA) 2021

Alpine Electronics Mfg. of Europe Ltd.

後席用ディスプレイ
米州 BMW X7 (USA) 2021

Alpine Electronics Mfg. of Europe Ltd.

後席用ディスプレイ
 サプライヤー一覧

検索結果 147


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Aptiv PLC (旧 Delphi Automotive PLC) 5725 Delphi Drive, Troy, Michigan 48098-2815, USA 主要部品メーカー image
Bosch [Robert Bosch GmbH] Robert-Bosch-Platz 1, 70839 Gerlingen-Schillerhöhe, Germany 主要部品メーカー image
Continental AG Vahrenwalder Strasse 9, 30165 Hannover, Germany 主要部品メーカー image
Continental Holding China Co., Ltd.
[大陸投資(中国)有限公司]
No.538, Dalian Road, Yangpu District, Shanghai 200082, China 主要部品メーカー image
(株) デンソー 〒448-8661 愛知県刈谷市昭和町1-1 主要部品メーカー image
 ニュース
2021年08月02日(月)

日本板硝子は、フル拡張現実ヘッドアップディスプレイ(AR-HUD)対応ガラスが、メルセデス・ベンツの「Sクラス (S-Class)」に採用されたと発表した。同社は世界初のAR-HUD技術を実現するためにパートナーとして選定され、同社独自のアドバンスドプレスベンディング技術(高精度プレス工法)をグレードアップさせたという。フロントガラスには、HUD機能を補助するために開発された、熱線を使わずにソーラー反射技術でフロントガラスを加熱する凍結防止技術も導入されている。(2021年8月2日付プレスリリースより)

2021年07月28日(水)

米国のCorningは、現代モービスとの提携を発表した。Corningの曲面ミラーソリューションは現代モービスの拡張現実(AR)ヘッドアップディスプレイに採用された。このヘッドアップディスプレイは現代自動車のクロスオーバー電気SUV「アイオニック5 (Ioniq 5)」に搭載されている。Corningのミラーは従来と比較して5倍の投影距離でフロントガラス全体の表示領域を拡大することが可能。(2021年726日付プレスリリースより)

2021年07月27日(火)

・アウディは22日、インド市場に電気SUVeトロン (e-tron)を投入したことを発表した。今回発売するのはSUVeトロン 50」、「eトロン 55」と、4ドアクーペタイプのSUVeトロン スポーツバック 55 (e-tron Sportback 55)」。
95kWhのリチウムイオン電池を搭載する「eトロン 55」と「eトロン スポーツバック 55」の航続距離は359-484km71kWhのリチウムイオン電池搭載の「eトロン 50」の航続距離は264-379km (WLTPサイクル)11kWの家庭用AC充電器から最大150kWDC急速充電器に対応する。最高出力は「eトロン 55」と「eトロン スポーツバック 55」が300kW、「eトロン 50」が230kWとなる。
・フルタイム全輪駆動のquattroシステムは4つのホイール間のパワーバランスを正確に調整し、最大のトラクションを実現する。
・安全面では緊急ブレーキ時やハンドリングが限界に達したときにシートベルトを締め、シートの位置を最適化し、窓やサンルーフを閉じて予防保護措置を開始するプリセンス・ベーシック (Pre-sense Basic)機能、独自のサウンドを生成して歩行者に車両の存在を知らせる外部スピーカーなどを備える。駐車のフレキシビリティを高めるために充電ポートは両側に設置されている。
・内装面ではナビゲーションや車両設定などの機能に簡単にアクセスできるMMI Navigation PlusMMI Touch Responseや、重要な情報をドライバーの視界に直接投影するヘッドアップディスプレイ、狭い場所での駐車のストレスを解消する360度カメラなどを装備する。
・電気SUVeトロン」のインドでの価格は1,000万ルピー(1,480万円)から。

※画像をクリックすると拡大します
アウディのリリースをみる