ディスクブレーキ(ローター)

 シェア、納入状況

車両生産地別供給情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Ford Everest (Thailand) 2022

Kiriu (Thailand) Co., Ltd.

リアブレーキディスク
ASEAN・インド・韓国 Honda Accord (Thailand) 2022

Kiriu (Thailand) Co., Ltd.

リアブレーキディスク
ASEAN・インド・韓国 Honda Accord Hybrid (Thailand) 2022

Kiriu (Thailand) Co., Ltd.

リアブレーキディスク
中国 BYD BYD (比亜迪) EA1 EV (海豚) (China) 2022

FinDreams Technology Co., Ltd.
[弗迪科技有限公司]

ディスクブレーキ
中国 BYD BYD (比亜迪) Han (漢) DM (4WD) (China) 2022

FinDreams Technology Co., Ltd.
[弗迪科技有限公司]

ディスクブレーキ(2.0T)(6AT)
中国 BYD BYD (比亜迪) Han (漢) DM-i (FF) (China) 2022

FinDreams Technology Co., Ltd.
[弗迪科技有限公司]

ディスクブレーキ(1.5T)
日本 Nissan GT-R50 by Italdesign 2021

Brembo S.p.A.

フロントブレーキディスク
日本 Nissan GT-R50 by Italdesign 2021

Brembo S.p.A.

リアブレーキディスク
日本 Toyota Lexus UX200 2021

(株) アドヴィックス

フロントディスクブレーキローター
欧州 Abarth 595 Competizione (Poland) 2022

Brembo S.p.A.

ディスクブレーキ(ローター)
欧州 Abarth 595C Turismo (Poland) 2022

Brembo S.p.A.

ディスクブレーキ(ローター)
欧州 Abarth 695 esseesse (Poland) 2022

Brembo S.p.A.

ディスクブレーキ(ローター)
米州 Dodge Challenger SRT (Canada) 2021

Brembo North America Inc.

ディスクブレーキ(ローター)
米州 Dodge Charger (Canada) 2021

Brembo North America Inc.

ディスクブレーキ(ローター)
米州 Fiat Pulse (Brazil) 2021

Brembo Do Brasil Ltda.

フロントディスクブレーキローター
 サプライヤー一覧

検索結果 555


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
(株) アドヴィックス 〒448-8688 愛知県刈谷市昭和町2-1 主要部品メーカー image
Aisin (China) Investment Co., Ltd.
[愛信 (中国) 投資有限公司] (旧 愛信精機 (中国) 投資有限公司)
1202-1205, TEDA MSD-C3 Bldg, No.79 First Avenue, TEDA, Tianjin 300457, China 主要部品メーカー image
(株) アイシン (旧 アイシン精機 (株)) 〒448-8650 愛知県刈谷市朝日町2-1 主要部品メーカー image
アイシン高丘 (株) 〒473-8501 愛知県豊田市高丘新町天王1 主要部品メーカー image
曙ブレーキ工業 (株) 〒103-8534 東京都中央区日本橋小網町19-5 主要部品メーカー image
 ニュース
2022年04月18日(月)

・メルセデス・ベンツは3月14日、電気自動車(EV)のコンセプトカー「VISION EQXX」が1回のフル充電で航続距離1,000km超を達成したと発表した。ドイツ・ジンデルフィンゲンからスイスアルプスとイタリア北部を経由して、コートダジュールのカシスまで走行する実証実験を行った。
・実験は低気温の雨天のなかスタートし、ドイツのアウトバーンにおける最高速度140km/hでの継続的な高速走行や、各地での制限速度近くでの走行など、実際の環境に則した速度で行われた。ゴール地点でのバッテリー残量は約15%で、あと約140km走行できる状態だった。平均電費は過去最高の8.7kWh/100kmを記録した。
・「VISION EQXX」には幅広い軽量化設計が取り入れられた。中心になるのはF1向けの軽量サブフレームおよびアルミ製のブレーキディスクを採用した電動プラットフォーム。また、100kWhのバッテリーは50%の小型化と30%の軽量化を実現した。200cm×126cm×11cmの大きさで重量は495kgとコンパクトカーにも搭載できる。
・あらゆる種類の勾配やブレーキ操作でエネルギー回生を行い、航続距離を延長する。
・最高出力180kWを発揮する電動ドライブユニット(モーター、トランスミッション、パワーエレクトロニクス)はメルセデスAMG HPPのF1スペシャリストとの共同開発によるもので、平均伝達効率95%を達成した。

※画像をクリックすると拡大します
Mercedes-Benz press release

2022年03月01日(火)

・シュコダは2月28日、インドで新型コンパクトセダン「スラヴィア(Slavia)」を発売したと発表した。価格は110万ルピー(約160万円)から。3グレードを用意している。
・今回発売された新型「スラヴィア」は、1.0L 3気筒TSIターボガソリンエンジン搭載バージョンで、6速MTまたはATと組み合わせる。最高出力は85kW、最大トルクは178Nmを発揮する。このTSIエンジンは最大19.47km/Lの燃費性能を持ち、0-100km/h加速は10.7秒。
・安全装備として、最大6つのエアバッグ、スタビリティコントロールシステム、電制ディファレンシャルシステム、多重衝突防止ブレーキなどを備える。
・他にも、パーキングセンサー、ブレーキディスククリーニング機能、リアビューミラー、タイヤ空気圧監視システム、ヒルホールドコントロール、クルーズコントロール、オートヘッドランプ、オートワイパーなども装備。
・1.5L TSIターボガソリンエンジン搭載バージョンについての詳細は、3月3日に公開される予定。

※画像をクリックすると拡大します
シュコダ(インド)のプレスリリースをみる 1/2

2022年01月18日(火)

・ロシア産業貿易省は1月13日、産業開発基金が1,000回目となる無利子融資としてロシアのチェリャビンスク州のミアスに本社を置く大手の大型トラックメーカーUral Automobile Plant (ウラル自動車工場)に優先プロジェクトプログラムの下で20億ルーブル(約30億円)を供与したと発表した。
・この資金はUral及びロシアの他のトラックメーカー向けのドライブアクスルとフロントアクスル生産に充てられる。プロジェクトの総予算は29億ルーブル(45億円弱)に達する。
・同工場では輸入品を代替する新アクスル用鋳造品を生産する他、ブレーキドラムやホイールハブの加工ラインを立ち上げる。CNC自動ラインを導入して年間45万個以上のドラム、ハブ、ブレーキディスクの加工を可能にし、トラック・トレーラー用アクスルを生産する他メーカーにも供給する。
・また重量200kgまでの新アクスル用クランクケース部品を生産する鋳造設備も整備する。これにより鋳鉄の生産能力は3割程度増えて年間2万4,700トンとなる。また、このプロジェクトで111名の雇用が創出される。
(Ministry of Industry and Trade of Russia press release)