ディスクブレーキ(パッド)

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Ford Aspire (India) 2021

Brakes India Ltd.

ディスクブレーキ (パッド)
ASEAN・インド・韓国 Ford EcoSport (India) 2021

Brakes India Ltd.

ディスクブレーキ (パッド)
ASEAN・インド・韓国 Ford Endeavour (India) 2021

Brakes India Ltd.

ディスクブレーキ (パッド)
中国 Tesla (Shanghai) Tesla Model 3 (China) 2020

Brembo (Nanjing) Brake Systems Co., Ltd.
[布雷博(南京)制動系統有限公司]

ブレーキパッド
中国 Volvo Cars Polestar 2 (China) 2020

Brembo S.p.A.

デュアルキャストフローティングブレーキディスク
中国 BAIC Yinxiang Huansu (幻速) S2 (China) 2019

CSG TRW Chassis Systems Co. Ltd.
[南方天合底盤系統有限公司]

ブレーキディスクASSY
日本 Honda Fit 2020

曙ブレーキ工業 (株)

フロントブレーキパッド
日本 Mitsubishi eK Space 2020

曙ブレーキ工業 (株)

フロントブレーキパッド
日本 Mitsubishi eK X space 2020

曙ブレーキ工業 (株)

フロントブレーキパッド
欧州 Alfa Romeo Giulia (Italy) 2020

Brembo S.p.A.

ブレーキパッド
欧州 Daimler Mercedes-Benz C-Class (Germany) 2020

Brembo S.p.A.

フロントブレーキパッド
欧州 Daimler Mercedes-Benz C-Class (Germany) 2020

Brembo S.p.A.

リアブレーキパッド
米州 Ford Mustang Mach-E GT (Mexico) 2021

Brembo S.p.A.

フロントブレーキパッド
米州 Ford Mustang Mach-E GT Performance Edition (Mexico) 2021

Brembo S.p.A.

フロントブレーキパッド
米州 GM Cadillac CT4-V Blackwing (USA) 2021

Brembo S.p.A.

フロントブレーキパッド
 サプライヤー一覧

検索結果 562


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
(株) アドヴィックス 〒448-8688 愛知県刈谷市昭和町2-1 主要部品メーカー image
曙ブレーキ工業 (株) 〒103-8534 東京都中央区日本橋小網町19-5 主要部品メーカー image
Anand Automotive Limited 1 Sri Aurobindo Marg, Hauz Khas, New Delhi – 110016, India 主要部品メーカー image
Brembo S.p.A. Viale Europa, 2 24040 Stezzano (BG), Italy 主要部品メーカー image
Federal-Mogul Holdings LLC 27300 West 11 Mile Rd, Southfield, MI 48034, USA 主要部品メーカー image
 ニュース
2021年05月11日(火)

Bremboは、フォードのEV「マスタング マッハE GT (Mustang Mach-E GT)」と「マスタング マッハE GT パフォーマンスエディション (Mustang Mach-E GT Performance Edition)」にアルミブレーキキャリパーを供給すると発表した。Flexiraキャリパーは直径44mmのピストンと385mmのベンチレーテッドローターを備えた4ピストンキャリパー。Bremboが供給するブレーキパッドは表面積78平方センチメートルで、ブレーキパッドに銅を使用することを禁止するカリフォルニア州とワシントン州の規制に準拠する。アルミ製のFlexiraキャリパーは重力鋳造技術を使用して製造される。(2021年511日付プレスリリースより)

2021年02月04日(木)

韓国の複数メディアは、ブレーキパッドメーカーKB Autosysが約3,800万米ドル (約40億140万円) を投じて、米国のジョージア州メリウェザー郡に新工場を建設すると報じた。新工場米国の現代・起亜自やGMなどに供給を行う計画。(2021年2月4日付各種リリースより)

2021年01月21日(木)

・ドイツ航空宇宙センター(DLR)は1月13日、第1世代ゼロエミッションドライブユニット(ZEDU-1)プロジェクトの一環として革新的な車両コンセプトの開発と試験を行っていると発表した。プロジェクトの目標は粒子状物質排出を可能な限り回避することで、粒子状物質を発生しないブレーキシステムおよびタイヤ摩耗物質の回収と吸収に開発の焦点を当てる。このプロジェクトにはバーデン=ヴュルテンベルク州経済・労働・住宅省が600万ユーロを助成している。
・DLRはブレーキを車輪から取り外してドライブトレインに組み込んだ。特別に開発した高性能電子機器と組み合わせることでブレーキエネルギーをほぼ完全に回収できる。新型ブレーキの一つは特殊なディスクブレーキで、密閉システム内で機械的に作動する。ブレーキパッドはオイルバスに入っているためブレーキの摩耗はオイル内で発生し、ポンプでオイルを常時フィルターに送り濾過する。もう一つの手法はインダクションブレーキで、摩耗のないブレーキ力を生成するために磁力を用いる。
・新設計のホイールアーチはタイヤ摩耗を最小限に抑えることを目指しており、走行時に負圧を発生させる空力形状となっている。そのため発生した粒子状物質は真空掃除機のようにフィルターシステムに吸収される。
・プロジェクトでは参加パートナーが新規開発した部品を組み込んだ実証機を製作し、DLRの研究者がそれらを特別に構築した試験車両に組み込んだ。今後通常の道路と研究所の起伏のある道路で試運転を行い、新しい部品が粒子状物質の排出を実環境でどれだけ低減できるかを確認する。
DLR, Germany press release