ディスクブレーキ(パッド)

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド GM Chevrolet Malibu (Korea) 2019 SANGSIN BRAKE Co., Ltd ブレーキパッド
ASEAN・インド GM Chevrolet Spark (Korea) 2019 SANGSIN BRAKE Co., Ltd ブレーキパッド
ASEAN・インド GM Korea Chevrolet Camaro (Korea) 2019 SANGSIN BRAKE Co., Ltd ブレーキパッド
中国 BAIC Yinxiang Huansu (幻速) S2 (China) 2019 CSG TRW Chassis Systems Co. Ltd.
[南方天合底盤系統有限公司]
ブレーキディスクASSY
中国 BAIC Yinxiang Huansu (幻速) S2 (China) 2019 Shandong Gold Phoenix Co., Ltd.
[山東金麒麟股份有限公司]
ブレーキパッド
中国 BAIC Yinxiang Huansu (幻速) S3 (China) 2019 CSG TRW Chassis Systems Co. Ltd.
[南方天合底盤系統有限公司]
ブレーキディスクASSY
日本 Nissan Infiniti Q50 2019 曙ブレーキ工業 (株) リアブレーキパッドセット
日本 Nissan Infiniti QX50 2019 曙ブレーキ工業 (株) リアブレーキパッドセット
日本 Nissan Infiniti QX50 2019 曙ブレーキ工業 (株) フロントブレーキパッドセット
欧州 Volvo Cars Polestar 1 2019 曙ブレーキ工業 (株) ブレーキパッド
欧州 Aston Martin Vantage (FR) (UK) 2018 Aston Martin Engine Plant ブレーキパッド(4.0T)(8AMT)
欧州 Audi A3 (Germany) 2018 Lucas Varity GmbH リアブレーキパッドセット
米州 Honda Acura TLX (USA) 2019 Akebono Brake Corporation フロントブレーキパッドセット
米州 Honda Acura TLX (USA) 2019 Akebono Brake Corporation リアブレーキパッドセット
米州 Honda Ridgeline (USA) 2019 Akebono Brake Corporation フロントブレーキパッドセット
 サプライヤー一覧

検索結果 518


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
(株) アドヴィックス 〒448-8688 愛知県刈谷市昭和町2-1 主要部品メーカー image
曙ブレーキ工業 (株) 〒103-8534 東京都中央区日本橋小網町19-5 主要部品メーカー image
Anand Automotive Limited 1 Sri Aurobindo Marg, Hauz Khas, New Delhi – 110016, India 主要部品メーカー image
Federal-Mogul Holdings LLC 27300 West 11 Mile Rd, Southfield, MI 48034, USA 主要部品メーカー image
日立化成 (株) 〒100-6606 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 主要部品メーカー image
 ニュース
2018年10月31日(水)

・フォードは10月24日、ブラジルでMotorcraft及びOmnicraftというブランド名のサービス用バッテリーの販売を開始すると発表した。
・新製品ラインナップには、40から220アンペア・アワーの45種類のバッテリーが含まれている。
・45種類の内、22種類がフォード専用品のMotorcraftブランドで、23種類が汎用品のOmnicraftブランドとなる。
・Motorcraftブランドにはバッテリー以外にオイル、冷却液、クラッチ、スパークプラグ、ショックアブソーバー、ディスクブレーキ、ブレーキパッド、各種フィルターなどを含む20以上の製品が揃っている。
・新規に採用されたグローバルブランドのOmnicraftは、2018年にブラジルで販売開始された。現在のラインナップには、エンジンオイル、ブレーキオイル、ディスクブレーキ、ブレーキパッド、ブレーキオイル、各種フィルターが含まれる。2018年末までには更にラインナップが充実する予定。
フォードのプレスリリースをみる

2018年10月30日(火)

Bremboは、米Las Vegasで開催されるSEMA(特殊部品市場協会)ショー 2018で、新型6ピストンアルミモノブロックブレーキキャリパー「B-M6」を披露した。新キャリパーは、鋳鉄ディスクもしくはBremboの先進カーボンセラミックディスクCCM-Rを使用するスポーツクーペやセダン、高性能SUV、スーパーカーのフロントコーナー向け。最大410x36mmのブレーキディスクに対応し、ワイドな円環ディスクやブレーキパッド用に最適化された「B-M6」は、大幅に向上したブレーキ表面エリアを提供する。Brembo4D鋳造工程技術を使用し、レース用ブレーキシステムと同じ工場で生産されるという。(20181030日付 プレスリリースより)

2018年09月19日(水)

・デトロイトフリープレスは9月18日、デトロイトの自動車アナリスト達が、トランプ大統領が課した新たな関税が自動車会社の利益に影響を与え、販売台数を減らし、自動車産業に景気後退のリスクを及ぼすことになると懸念を表明したと報じた。
・トランプ大統領の最新の中国製品への関税により、タイヤやブレーキパッドからエンジンやバッテリーまで100超の自動車部品に9月24日から10%の関税が追加される。2019年の初めには、課税率が25%に拡大する。
・課税対象には交換部品やディーラーでの修理用治具も含まれる。
・2019年初以降は関税の影響分が販売価格に転嫁される為、アナリスト達は一様に、貿易戦争のコストアップ分を吸収する為に自動車の販売価格が上がり、販売が落ちるだろうと想定している。
・ミシガン州アナーバーの自動車研究センターのKristin Dziczek氏は、「最終的には関税は米国の消費者が支払うことになる税金である。車は売れなくなるだろう。外国から自動車部品を購入しないだけでなく、逆にカナダを始めとした外国に在庫となった部品を売りさばくことになるだろう。好ましくない景気後退が始まる」と語った。
・各社は課税強化に関連したコストアップの吸収方法についてはまだコメントを発表していない。米中政府に話し合いによる歩み寄りで、事態の解決を促している状況である。
(Detroit Free Press article on September 18, 2018)