シリンダーブロック

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド Honda Accord (Thailand) 2018 Honda Foundry (Asian) Co., Ltd. シリンダーブロック
ASEAN・インド Honda BR-V (Thailand) 2018 Honda Foundry (Asian) Co., Ltd. シリンダーブロック
ASEAN・インド Honda Brio (Thailand) 2018 Honda Foundry (Asian) Co., Ltd. シリンダーブロック
中国 FAW Toyota Toyota RAV4 (China) 2018 GAC Toyota Engine Co., Ltd.
[広汽豊田発動机有限公司]
シリンダーブロック
中国 GAC Mitsubishi Mitsubishi Outlander (AWD) (China) 2018 Hefei Ahresty Auto Parts Co., Ltd.
[合肥阿雷斯提汽車配件有限公司]
シリンダーブロック
中国 GAC Toyota Toyota Camry (China) 2018 GAC Toyota Engine Co., Ltd.
[広汽豊田発動机有限公司]
シリンダーブロック
日本 Toyota Lexus ES (Japan) 2018 GAC Toyota Engine Co., Ltd.
[広汽豊田発動机有限公司]
シリンダーブロック
日本 Nissan Infiniti Q50 2017 Martinrea International Inc. エンジンブロック(I4)
日本 Daihatsu Atrai Wagon 2016 ダイハツ シリンダーブロック(KF turbocharger)(4AT)
欧州 BMW 8 Series Coupe (Germany) 2019 Rheinmetall Automotive AG (旧 KSPG AG) シリンダーブロック
欧州 Porsche 911 (Germany) 2019 Rheinmetall Automotive AG (旧 KSPG AG) シリンダーブロック
欧州 Audi A6 (Germany) 2018 Nemak, S.A.B. de C.V. シリンダーブロック
米州 Nissan Infiniti QX50 (Mexico) 2019 Nemak, S.A.B. de C.V. エンジンブロック
米州 Ford GT (Canada) 2018 Nemak, S.A.B. de C.V. エンジンブロック
米州 Chrysler 200 2017 Martinrea International Inc. エンジンブロック(V6)
 サプライヤー一覧

検索結果 445


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
(株) アーレスティ 〒441-3114 愛知県豊橋市三弥町中原1-2 主要部品メーカー image
愛知機械工業 (株) 〒456-8601 愛知県名古屋市熱田区川並町2-12 主要部品メーカー image
アイシン高丘 (株) 〒473-8501 愛知県豊田市高丘新町天王1 主要部品メーカー image
ASIMCO Technologies Limited
[亜新科工業技術有限公司]
Room 1301, 13/F, Building A, 21st Century Building, No.40, Liangmaqiao Road, Chaoyang District, Beijing, China 主要部品メーカー image
Georg Fischer AG Amsler-Laffon-Strasse 9, 8201 Schaffhausen, Switzerland 主要部品メーカー image
 ニュース
2019年02月11日(月)

韓国のMaxrotecがエンジン部品の生産ライン増設を完了し、本格稼動に突入した。同社のエンジン部品主要製品はシリンダーブロックおよびシリンダーヘッド、クランクシャフト、カムシャフト、コンロッドである。Maxrotecは大邱広域市に本社を置き、慶尚北道の星州郡に工場を保有している。今回増設されたラインは年間生産量が11万台分の見込み。(2019年2月11日付プレスリリースより)

2018年11月06日(火)

・フォードは10月29日、英国サウスウェールズのブリッジエンド(Bridgend)エンジン工場で最新技術を採用した低燃費の新型ガソリンエンジンの生産を開始したと発表した。
・この新型エンジンは3気筒1.5Lエコブースト(EcoBoost)エンジンで、「フィエスタ (Fiesta) ST」と新型「フォーカス(Focus)」に搭載される。新型エンジンの生産にはウェールズ政府からの援助を含む1億ポンド(約148億円)の資金が投じられ、フレキシブルに生産できるよう刷新された最新の生産施設で生産される。
・新型エンジンは複数段階の試験を経ており、すべての生産工程でもモニタリングされているためその品質が保証されているという。
・シリンダーヘッドとシリンダーブロックの機械加工ラインでは、最新のCNC(コンピューター数値制御)技術と環境に配慮した切削システムを採用している。
・新型エンジンの設計と開発は、英エセックスのダントン(Dunton)テクニカルセンター、ドイツのメルケニヒ(Merkenich)テクニカルセンター、ドイツのアーヘン(Aachen)研究センターのエンジニアによって行われた。
フォードのリリースをみる

2018年11月05日(月)

・ポルシェは11月1日、新たな粒子状物質浄化システムを開発したと発表した。2018年9月1日以降、ガソリンエンジンの新型モデルのすべてにこの新開発の微粒子フィルターを装着する。6気筒、8気筒エンジンには各シリンダーブロックに1つ、計2つのフィルターを装着する。
・このガソリンエンジン用微粒子フィルターはディーゼルエンジンのモデルに装着されているフィルターと同様の原理で作動する。
・ポルシェの開発チームは約2年間、ガソリンエンジンに微粒子フィルターを適用する研究を行ってきた。「718」 や 「911」 の狭いエンジンルームに大きな排気システムは採用することができないため、全く新しい触媒コンバーターを設計する必要があった。
・従来の三元触媒コンバーターも窒素酸化物などの既にガス状になっている物質を完全に浄化することができていた。
・今回開発された四元触媒では、フィルター内の通路に触媒がコーティングされており、フィルターは短めで直径が大きく同時に複数の流れが可能となった。
・開発チームは、何十万キロものテスト走行を行い、新しい浄化システムを検証してきた。これにより、史上最もクリーンなポルシェのモデルが実現したという。
ポルシェのリリースをみる