クルーズコントロール

 シェア、納入状況

車両生産地別供給情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Hyundai Genesis G90 (Korea) 2021

Hyundai Mobis Co., Ltd.
[現代モービス (株)]

スマートクルーズコントロール
ASEAN・インド・韓国 Hyundai Tucson (Korea) 2021

Hyundai Mobis Co., Ltd.
[現代モービス (株)]

スマートクルーズコントロール
ASEAN・インド・韓国 Kia Rio (Korea) 2021

Hyundai Mobis Co., Ltd.
[現代モービス (株)]

スマートクルーズコントロール
中国 BYD BYD (比亜迪) Qin (秦) Pro DM (FF) (China) 2022

Bosch Automotive Products (Suzhou) Co., Ltd.
[博世汽車部件(蘇州)有限公司]

ACC Stop & Go
中国 BYD BYD (比亜迪) Qin (秦) Pro EV (FF) (China) 2022

Bosch Automotive Products (Suzhou) Co., Ltd.
[博世汽車部件(蘇州)有限公司]

ACC Stop & Go
中国 BYD BYD (比亜迪) Song (宋) MAX DM (FF) (China) 2022

Bosch Automotive Products (Suzhou) Co., Ltd.
[博世汽車部件(蘇州)有限公司]

ACC Stop & Go
日本 Toyota Harrier 2014

(株) デンソー

クルーズコントロール
日本 Toyota RAV4 2014

(株) デンソー

クルーズコントロール
日本 Daihatsu Mebius 2013

(株) デンソー

クルーズコントロールECU
欧州 Volkswagen Touareg (Slovakia) 2018

Hella GmbH & Co. KGaA (FORVIA HELLA)

ディスタンスクルーズコントロールコントローラー
欧州 BMW 5 Series (Germany) 2017

Continental AG

アダプティブクルーズコントロール (ACC)
欧州 BMW M5 (Germany) 2017

Continental AG

アダプティブクルーズコントロール (ACC)
米州 Daimler Mercedes-AMG GLE 63 S 4MATIC+ (USA) 2021

Veoneer, Inc.

アダプティブクルーズコントロールECU
米州 Daimler Mercedes-Benz GLE (USA) 2021

Veoneer, Inc.

アダプティブクルーズコントロールECU
米州 Daimler Mercedes-Benz GLS (USA) 2021

Veoneer, Inc.

アダプティブクルーズコントロールECU
 サプライヤー一覧

検索結果 70


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
(株) アイシン (旧 アイシン精機 (株)) 〒448-8650 愛知県刈谷市朝日町2-1 主要部品メーカー image
Aptiv PLC (旧 Delphi Automotive PLC) 5725 Delphi Drive, Troy, Michigan 48098-2815, USA 主要部品メーカー image
Bosch [Robert Bosch LLC] 38000 Hills Tech Drive, Farmington Hills, Michigan 48331 USA 主要部品メーカー image
Bosch (China) Investment Ltd.
[博世(中国)投資有限公司]
333 Fuquan Road North, Changning District Shanghai, 200335, China 主要部品メーカー image
Bosch [Robert Bosch GmbH] Robert-Bosch-Platz 1, 70839 Gerlingen-Schillerhöhe, Germany 主要部品メーカー image
 ニュース
2022年08月05日(金)

・JLRは8月2日、次世代車両の電気・電波干渉を試験する施設を開設し、電動化とコネクティビティの新時代に向けた新たな一歩を踏み出したと発表した。
・英国ウォリックシャー州ゲイドン(Gaydon)のEMC (電磁両立性)研究所は、今後の車両がコネクティビティと電子機器に関する現行と将来の法律と品質基準を満たすことを保証する。5月に発売された新型「レンジローバースポーツ(Range Rover Sport)」はこの研究所で専用に開発された試験プログラムを利用した最初の車両となった。
・このEMC研究所は2つの電波暗室を備えている。1つはエンジニアが迅速に車両を試験できる電気的に「静かな」ローリングロード、もう1つはバッテリーや電気モーターなどの個々の部品の性能を評価する装置である。この研究所がEMC試験で扱う対象はBluetooth、GPS、WiFi、4G、5G、アダプティブ・クルーズコントロール、ワイヤレス充電、死角監視などのさまざまなサービスや機能である。新研究所はJLRがReimagine戦略を通じて電動化を加速する中で、顧客に最先端の車載コネクティビティを提供する意志を示すものとなる。
Jaguar Land Rover press release

2022年08月02日(火)

・フォードは8月1日、コンパクトトラックの「マーベリック(Marverick)」ラインナップに、オフロードパッケージの「マーベリック トレマー(Tremor)」を追加すると発表した。今秋からメキシコのエルモシージョ(Hermosillo)工場で生産を開始する。
・フォードは、2023年型の「ブロンコスポーツ(Bronco Sport)」、「エッジ(Edge)」、「エクスプローラー(Explorer)」、「レンジャー(Ranger)」の個人向け予約受付を8月2日に再開し、「マーベリック」と「マーベリック トレマー」も9月から個人向け予約が可能になると発表した。
・「F-150」と「トランジット(Transit)」の個人向け予約は、数週間前に開始された。
・「マーベリック トレマー」は、より高いオフロード性能と大胆なスタイリングを求める顧客のためのエントリーレベルのオプションで、都市での日常生活に快適にフィットしながら、アウトドアへの情熱もサポートするコンパクトなパッケージとなっているという。
・「マーベリック トレマー」は、XLTおよびLariatグレードにオプション設定される。
・2.0L 4気筒ターボエンジンを搭載した「マーベリック トレマー」は、FX4オフロードパッケージをベースに、全輪駆動システムを搭載している。
・この先進システムには、デフロック機能を備えたツインクラッチ・リアドライブユニットが含まれ、より高いオフロード性能を可能にする。
・また、「マーベリック トレマー」には、オフロード走行時にクルーズコントロールのように作動する専用のTrail Controlが設定され、車高が1インチアップされている。
・さらに、ヘビーデューティ・トランスミッションクーラーや改良型ハーフシャフトを採用し、オフロード走破性を高めている。

※画像をクリックすると拡大します
フォードのリリースをみる

2022年08月02日(火)

上海智駕科技有限公司[Shanghai Maxieye automotive technology co., Ltd.](MAXIEYE)は、合創汽車の新型モデル向けにMAXIPILOT 1.0 & PLUSソリューションを供給すると発表した。このソリューションは、コンピューティングプラットフォームをベースとしたもので、自動運転レベル2+のアダプティブクルーズコントロールや自動運転レベル2++のパイロットアシストシステムNOM (Navigate on MAXIPILOT)といったソリューションを実現する。2022年内に量産開始予定で、OTAソフトウェアアップデートに対応する。(2022年7月28日付MAXIEYEのWechat公式アカウントより)