クランクシャフト

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Honda City (Thailand) 2021

IT Forging (Thailand) Co., Ltd.

クランクシャフト
ASEAN・インド・韓国 Honda Jazz (Thailand) 2021

IT Forging (Thailand) Co., Ltd.

クランクシャフト
ASEAN・インド・韓国 Isuzu D-Max (Thailand) 2021

IT Forging (Thailand) Co., Ltd.

クランクシャフト
中国 GAC Motor Trumpchi GS4 PLUS (FF) (China) 2021

Guangzhou Qisheng Powertrain Co., Ltd.
[広州祺盛動力総成有限公司]

クランクシャフト(1.5T)(6AMT)
中国 GAC Motor Trumpchi GS4 PLUS (FF) (China) 2021

Guangzhou Qisheng Powertrain Co., Ltd.
[広州祺盛動力総成有限公司]

クランクシャフト(2.0T)(6AMT)
中国 GAC Motor Trumpchi M6 (FF) (China) 2021

Guangzhou Qisheng Powertrain Co., Ltd.
[広州祺盛動力総成有限公司]

クランクシャフト(1.5T)(6MT)
日本 Subaru Crosstrek 2021

スバル - 大泉工場

クランクシャフト(FB20)
日本 Subaru Crosstrek 2021

スバル - 大泉工場

クランクシャフト(FB25)
日本 Subaru Crosstrek Hybrid 2021

スバル - 大泉工場

クランクシャフト(FB20)
欧州 Citroen C4 (Spain) 2021

Freudenberg Sealing Technologies GmbH & Co. KG

クランクシャフト用ラジアルシャフトシール
欧州 Opel Mokka (Spain) 2021

Freudenberg Sealing Technologies GmbH & Co. KG

クランクシャフト用ラジアルシャフトシール
欧州 BMW 320i (Germany) 2020

Metaldyne Performance Group Inc.

クランクシャフトプーリー
米州 Subaru Ascent (USA) 2021

スバル - 大泉工場

クランクシャフト(FA24)
米州 Subaru Impreza 5-door (USA) 2021

スバル - 大泉工場

クランクシャフト(FB20)
米州 Subaru Impreza Sedan (USA) 2021

スバル - 大泉工場

クランクシャフト(FB20)
 サプライヤー一覧

検索結果 531


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
愛知機械工業 (株) 〒456-8601 愛知県名古屋市熱田区川並町2-12 主要部品メーカー image
愛知製鋼 (株) 〒476-8666 愛知県東海市荒尾町ワノ割1 主要部品メーカー image
Amalgamations Group 861/862, Anna Salai, Chennai- 600 002, Tamil Nadu, India 主要部品メーカー image
PT. Astra Otoparts Tbk Jl. Raya Pegangsaan Dua Km. 2,2, Kelapa Gading - Jakarta 14250, Indonesia 主要部品メーカー image
Bharat Forge Ltd. Mundhwa, Pune Cantonment, Pune 411036, Maharashtra, India 主要部品メーカー image
 ニュース
2021年07月05日(月)

・ポルシェは630日、改良型「カイエン ターボGT (Cayenne Turbo GT)」を発表した。4.0L V8ツインターボエンジンにTiptronic Sトランスミッションを組み合わせ、最高出力は「カイエン」より67kW (90PS)高い471kW (640PS)、最大トルクは80Nm大きい850Nmを発揮する。燃料消費量は14.1L/100kmCO2排出量は319g/km (WLTPサイクル)となっている。最高時速300kmで、0-100km加速は3.3秒。
・「カイエン ターボGT」のツインターボエンジンは、現在ポルシェが搭載する最もパワフルな8気筒エンジンで、「ターボ クーペ」のV8エンジンとはクランクシャフト、コネクティングロッド、ピストン、タイミングチェーン駆動、トーション振動ダンパーなどの基本要素が異なる。
・改良型「カイエン ターボGT」は、性能を改善し新しいユーザーインターフェースと操作ロジックを実現する次世代ポルシェ・コミュニケーション・マネジメント (PCM)システムを装備する。

※画像をクリックすると拡大します
ポルシェのリリースをみる

2021年05月20日(木)

・アフトワズ(AvtoVAZ)のラダブランドは518日、最高出力90hpの新型エンジンを搭載した「グランタ (Granta)」の販売を開始したと発表した。最高出力87hp1.6Lエンジンに取って代わるもので、すべてのトリムレベルとボディタイプで提供される。価格は519,900ルーブル (77万円)から。
・新型ベースエンジン11182 (1.6L8バルブ)は、コネクティングロッド・ピストン群の改良、クランクシャフトの改良、ガス分配機構の改良など48種類の新部品が導入された。その結果、最高出力は90hp、最大トルクは143Nmに向上し、燃料消費量を削減してギアチェンジの頻度を減らすことができる。燃料消費量は7.5L/100km。走行距離9kmまでバルブ調整を必要としない。燃料消費量とメンテナンスコストの削減により、走行距離2 kmごとに最大5,000ルーブルを節約できる。

※画像をクリックすると拡大します
ラダのリリースをみる

2021年03月25日(木)

・ハンガリー投資促進公社(HIPA)は3月1日、ステランティスがハンガリーのセントゴットハールド(Szentgotthard)工場で新世代1.6Lガソリンエンジンを生産する予定だと発表した。
・セントゴットハールド工場では1.2Lガソリンエンジンを年間35万基生産しており、これに加えてハイブリッド車(HV)向けに設計された1.6Lエンジンを年間20万基生産するという。
・量産開始は2023年前半を予定している。これに伴い約50%の生産能力向上を想定しており、現在の従業員800人からの大幅な増加につながるという。
・クランクシャフト、クランクチャンバー、シリンダーヘッドなどの主要部品をセントゴットハールド工場で生産し、組立とテストも行う。新たなエンジンの生産に向けて、現在の生産ラインの転換を計画している。
・設計と施工プロセスの大半は、社内の工場技術者や専門家が行うという。
HIPA press release