エアコンコンプレッサー

 シェア、納入状況

車両生産地別供給情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Hyundai IONIQ 7 (Korea) 2024

Hanon Systems (旧 Halla Visteon Climate Control)

電動コンプレッサー
ASEAN・インド・韓国 Hyundai IONIQ 5 (Korea) 2022

Hanon Systems (旧 Halla Visteon Climate Control)

電動エアコンコンプレッサー
ASEAN・インド・韓国 Hyundai IONIQ 6 (Korea) 2022

Hanon Systems (旧 Halla Visteon Climate Control)

電動コンプレッサー
中国 BYD BYD (比亜迪) EA1 EV (海豚) (China) 2022

FinDreams Technology Co., Ltd.
[弗迪科技有限公司]

エアコンコンプレッサーASSY
中国 BYD BYD (比亜迪) Han (漢) DM (4WD) (China) 2022

FinDreams Technology Co., Ltd.
[弗迪科技有限公司]

電動コンプレッサー(2.0T)(6AT)
中国 BYD BYD (比亜迪) Han (漢) DM-i (FF) (China) 2022

FinDreams Technology Co., Ltd.
[弗迪科技有限公司]

電動コンプレッサー(1.5T)
日本 Daihatsu Altis Hybrid 2022

(株) デンソー

エアコンコンプレッサー
日本 Daihatsu Mira Tocot 2022

(株) デンソー

エアコンコンプレッサー
日本 Daihatsu Rocky 2022

(株) デンソー

エアコンコンプレッサー
欧州 BMW 7 Series (Germany) 2022

Denso Thermal Systems S.p.A.

エアコンコンプレッサー
欧州 Maserati Grecale (Italy) 2022

Denso Thermal Systems S.p.A.

エアコンコンプレッサー
欧州 Peugeot e-208 (Slovakia) 2022

Valeo Group

電動エアコンコンプレッサー
米州 Tesla Model Y (USA) 2023

Denso Thermal Systems S.p.A.

エアコンコンプレッサー
米州 Ford E-Transit (USA) 2022

Hutchinson S.A.

コンプレッサーブラケット
米州 Ford F-150 Lightning (USA) 2022

Hutchinson S.A.

コンプレッサーブラケット
 サプライヤー一覧

検索結果 443


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Alfmeier Praezision SE Industriestrasse 5, 91757 Treuchtlingen, Germany 主要部品メーカー image
APM Automotive Holdings Berhad Lot 600, Pandamaran Industrial Estate, Locked Bag No. 218, 42009 Port Klang, Selangor Darul Ehsan, Malaysia 主要部品メーカー image
PT. Astra Otoparts Tbk Jl. Raya Pegangsaan Dua Km. 2,2, Kelapa Gading - Jakarta 14250, Indonesia 主要部品メーカー image
Brose Fahrzeugteile SE & Co. KG, Coburg Max-Brose-Strasse 1, 96450, Coburg, Germany 主要部品メーカー image
(株) デンソー 〒448-8661 愛知県刈谷市昭和町1-1 主要部品メーカー image
 ニュース
2022年08月06日(土)

ZFのインド子会社ZF Commercial Vehicle Control Systems Indiaは、2021-22年度の年次報告書において、2022年3月期の生産能力増強に関しての発表を行った。同社はエアプロセシングユニット、リレーバルブ、ロードセンシングバルブなどの製造ラインを新設したほか、工場全体の生産性向上に注力した。そのほか、ツインシリンダーコンプレッサー、エアサプライユニット、アクチュエーター、オプティドライブ、バキュームポンプなどの新製品の生産をインドのOEM向けに立ち上げたという。(2021-22年度の年次報告書より)

2022年07月28日(木)

Autoneumは、需要拡大に伴い繊維製品やリサイクルの製品ポートフォリオを拡大したと発表した。2022年上半期はあらゆる駆動タイプに対応する環境対応型繊維「Autoneum Pure.」に注力し市場での地位拡大を図った。また、電気自動車(EV)のフロント・リアにおける低騒音・軽量化のニーズの高まりに伴い、吸音エンジンのシーリング技術を電動ドライブ関連向けに展開した。Hybrid-Acoustics PETHybrid-Acoustics FLEXFit FLEXの標準化技術では、音源の騒音を直接低減し、運転の快適性を向上させるという。これらの技術はすべて、さまざまなサイズや形状へ適応し、廃棄物を発生させることなく、モーターのカプセル封止から、インバーター、ギアボックス、ポンプ、コンプレッサーの騒音や振動の低減まで、EVのさまざまな用途に対応するという。(2022年727日付プレスリリースより)

2022年07月08日(金)

豊田自動織機は、車載エアコン用電動コンプレッサーの生産能力を増強すると発表した。1,000万台の生産体制を構築し、自動車の電動化に伴う電動コンプレッサーの需要拡大に対応する。中国子会社である豊田工業電装空調圧縮機(昆山)有限公司の加工ラインや、刈谷工場の組立ラインで増強を行う。また愛知県の東浦工場では、現工場を約2倍に拡張して電動コンプレッサー部品専用の加工ラインを新設し、2022年10月から稼働開始する。なお、同社の電動コンプレッサー「ESH34」は、トヨタの「bZ4X」に採用されている。また、より大型なバッテリーや電子機器にも対応した「ESH41」も市場投入しているという。(2022年7月8日付プレスリリースより)