触媒コンバーター

 シェア、納入状況

車両生産地別供給情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Honda Accord (Thailand) 2022

YS Tech (Thailand) Co., Ltd.

触媒コンバーター
ASEAN・インド・韓国 Honda BR-V (Thailand) 2022

YS Tech (Thailand) Co., Ltd.

触媒コンバーター
ASEAN・インド・韓国 Honda CR-V (Thailand) 2022

YS Tech (Thailand) Co., Ltd.

触媒コンバーター
中国 FAW-Volkswagen Audi Q3 35 TFSI (FF) (China) 2023

Faurecia Exhaust Systems Changchun Co., Ltd.
[長春佛吉亜排気系統有限公司]

フロント触媒コンバーター(1.4T)(7DCT)
中国 FAW-Volkswagen Audi Q3 40 TFSI RS (FF) (China) 2023

Faurecia Exhaust Systems Changchun Co., Ltd.
[長春佛吉亜排気系統有限公司]

フロント触媒コンバーター(1.4T)(7DCT)
中国 FAW-Volkswagen Audi Q3 Sportback 35 TFSI (FF) (China) 2023

Tenneco (Dalian) Exhaust System Co., Ltd.
[天納克(大連)排気系統有限公司]

フロント触媒コンバーター(1.4T)(7DCT)
日本 Daihatsu Rocky HEV 2022

三恵技研工業 (株)

触媒コンバーター
日本 Honda Civic 2022

(株) ユタカ技研 - 嵐山製作所

触媒コンバーター
日本 Honda Vezel 2022

(株) ユタカ技研

触媒コンバーター
欧州 Mercedes-Benz E-Class (Germany)   2023

Friedrich Boysen GmbH & Co. KG

触媒コンバーター
欧州 BMW MINI Cooper 3 Door (UK) 2022

Friedrich Boysen GmbH & Co. KG

触媒コンバーター(1.5T)(7DCT)
欧州 BMW MINI Cooper 5 Door (UK) 2022

Friedrich Boysen GmbH & Co. KG

触媒コンバーター(1.5T)(7DCT)
米州 BMW XM (USA)   2023

Boysen USA, LLC

触媒コンバーター
米州 Honda Acura MDX Type S (USA) 2022

Cardington Yutaka Technologies, Inc.

触媒コンバーター
米州 Honda Acura TLX Type S (USA) 2022

Cardington Yutaka Technologies, Inc.

触媒コンバーター
 サプライヤー一覧

検索結果 533


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
アイシン高丘 (株) 〒473-8501 愛知県豊田市高丘新町天王1 主要部品メーカー image
Anand Automotive Limited 1 Sri Aurobindo Marg, Hauz Khas, New Delhi – 110016, India 主要部品メーカー image
Bosal International N.V. 20 Dellestraat, 3560 Lummen, Belgium 主要部品メーカー image
Bosch [Robert Bosch LLC] 38000 Hills Tech Drive, Farmington Hills, Michigan 48331 USA 主要部品メーカー image
Bosch (China) Investment Ltd.
[博世(中国)投資有限公司]
333 Fuquan Road North, Changning District Shanghai, 200335, China 主要部品メーカー image
 ニュース
2022年11月14日(月)

Eberspaecherは、グループ傘下のPurem by EberspaecherEuro 7排出ガス基準を満たす排気技術を導入していると発表した。尿素噴射ソリューションがディーゼル車や商用車において静粛性及びクリーンモビリティに貢献するほか、コンパクト尿素処理ユニットが特殊な形状で尿素の沈着を防ぎ、窒素酸化物の排出を削減する。加えて、排ガスソリューションである触媒コンバーターは一定の最低温度に達した後に排気ガスの化学反応が行われるため、コールドスタートにより大きな影響を受けるが、Purem by Eberspaecherのアクティブヒーティング製品により、走行開始時のコールドスタートを短縮、また低負荷で温度を上昇させることで解決するという。例えばEberspaecher EHCフラクタルヒーターは、発熱体が触媒コンバーターに素早く熱を伝えることでディーゼル車やガソリン車の汚染物質を最大90%削減することができる。このほかアクティブヒーティング製品として、Eberspaecher EHC Lamella HeaterHeated Tunnel Mixerも提供している。(2022年1110日付プレスリリースより)

2022年07月29日(金)

Eberspaecherは、同社の排気技術部門であるPurem by Eberspaecherブランドの新工場を米国ケンタッキー州Louisvilleに開設したと発表した。18万平方フィート超の新工場では202211月からディーゼル排気後処理システムを生産する。米国で7番目となる新拠点では約250名が従事する予定で、将来的には年間100万個の生産を目指す。新工場では北米の大手自動車メーカー向けに製品を生産する。36基の自動溶接セルと60台の溶接ロボットなど、最先端技術を備える。Louisvilleでは、ディーゼルピックアップトラック向け触媒コンバーター、微粒子フィルターおよび排出ガス削減システムなどを生産する。(2022年727日付プレスリリースより)

2022年07月21日(木)

・VWは7月18日、ベストセラーの1.5L TSIガソリンエンジンを改良した最新世代のTSI evo2を投入すると発表した。
・このコンパクトで超近代的な4気筒エンジンは、まず出力110kW (150PS)のものが用意され、「Tロック(T-Roc)」と「Tロックカブリオレ(T-Roc Cabriolet)」に搭載される。TSI evo2はその他のモデルにも年内に順次導入される。
・TSI evo2には1.5L TSI evo1で実績のあるTSI-evo燃焼プロセスが採用された。このプロセスの一番の特徴は燃焼室冷却の最適化をミラーサイクルやVTGターボチャージャー技術と両立させている点である。開発陣は三元触媒コンバーターとガソリン粒子フィルターをエンジン近くに移動して単一の排ガス制御モジュールにした。これにより貴金属使用量を削減するとともに将来の排ガス規制に適合するための基盤を整えた。
・1.5L evo2の燃費改善の重要な技術的特徴はVWのヴォルフスブルク(Wolfsburg)工場ザルツギッター(Salzgitter)工場が共同開発したアクティブシリンダー管理システムACTplusの強化にある。1.5 TSIは可変ジオメトリーターボチャージャーに加えて最大350気圧の高圧噴射システム、プラズマコーティングされたシリンダー壁、鋳造冷却ダクト付きピストンなどのハイテク部品を採用している。
・この新型エンジンは再生可能成分を含む燃料にも対応するよう設計されている。さまざまなハイブリッド化レベルにも対応し、例えばプラグイン方式では最大200kW (272PS)のシステム出力が可能である。また、徹底した軽量化により旧モデル比で最大21kgの軽量化を実現した。
Based on Volkswagen press release