カーナビゲーション

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Hyundai Genesis G80 (Korea) 2021

TomTom International BV

地図データ (欧州向け)
ASEAN・インド・韓国 Hyundai Genesis G80 (Korea) 2021

TomTom International BV

リアルタイム交通情報配信サービス (欧州向け)
ASEAN・インド・韓国 Hyundai Genesis GV80 (Korea) 2021

TomTom International BV

地図データ (欧州向け)
中国 ARCFOX αS (4WD) (China) 2021

Baidu Online Network Technology (Beijing) Co., Ltd.
[百度在線網絡技術(北京)有限公司]

ナビゲーションマップ
中国 ARCFOX αS (FF) (China) 2021

Baidu Online Network Technology (Beijing) Co., Ltd.
[百度在線網絡技術(北京)有限公司]

ナビゲーションマップ
中国 Asia-Europe Automobile Manufacturing Polestar Polestar 2 (China) 2021

Aptiv Electric Systems Co., Ltd.
[安波福電気系統有限公司](旧 徳爾福派克電気系統有限公司)

カーナビゲーションモジュール
日本 Honda Legend 2021

(株) ゼンリン

3D高精度地図データ
日本 Mazda CX-8 2021

Huizhou Desay SV Automotive Co., Ltd.
[恵州市徳賽西威汽車電子股份有限公司]

高精度ロケーター
日本 Toyota Alphard 2021

パナソニック (株)

カーナビゲーション
欧州 Lotus Evija (UK) 2022

what3words Ltd.

ナビゲーションマップ
欧州 Audi A8 (Germany) 2021

HERE Technologies

地図データ
欧州 Daimler Mercedes-Benz S-Class (Germany) 2021

HERE Technologies

レベル3自動運転用高精度地図
米州 Chrysler Dodge Durango Citadel (USA) 2021

TomTom International BV

カーナビゲーション
米州 Chrysler Pacifica Touring-L Plus (Canada) 2021

TomTom International BV

カーナビゲーション
米州 Fiat Toro (Brazil) 2021

TomTom International BV

カーナビゲーション
 サプライヤー一覧

検索結果 458


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
AAPICO Hitech Public Co., Ltd. 99 Moo 1, Hitech Industrial Estate, Tambol Ban Lane, Amphur Bangpa-in, Ayutthaya 13160, Thailand 主要部品メーカー image
(株) アイシン (旧 アイシン精機 (株)) 〒448-8650 愛知県刈谷市朝日町2-1 主要部品メーカー image
旧 アルパイン (株) 〒141-8501 東京都品川区西五反田1-1-8 主要部品メーカー image
アルプスアルパイン (株) (旧 アルプス電気 (株)) 〒145-8501 東京都大田区雪谷大塚町1-7 主要部品メーカー image
Aptiv (China) Investment Co., Ltd.
[安波福(中国)投資有限公司]
Floor 1, Building 3, No.118, Delin Road , Free Trade Pilot Zone, Shanghai, China 主要部品メーカー image
 ニュース
2021年10月25日(月)

・百度Apolloは10月19日、威馬汽車(WM Motor Technology Group Co.,Ltd、ブランド名:Weltmeister)とともに電気SUV「威馬W6」をベースに自動運転システムを搭載した2モデルを開発したと発表した。
・1つは新世代量産無人運転車「アポロムーン(Apollo Moon) 威馬バージョン」、もう1つは百度ANP (アポロナビゲーションパイロット)とAVP (アポロバレーパーキング)を搭載した「威馬W6 ANP+AVP」量産モデル。これまで百度と威馬汽車はAVP、ANPから完全無人運転車「アポロ ムーン」まで協力して手掛けてきた。今回開発した2モデルはいずれも「ANP-Robotaxi」アーキテクチャを採用し、データの共有が可能である。
・「威馬W6 ANP+AVP」はカメラ12個、ミリ波レーダー5個、超音波レーダー12個を搭載し、障害物のスマート回避、自主的な車線変更、ランプの上り下り、サービスエリアへの出入りなどより高度なナビゲーションパイロットを実現する。このモデルにカスタム化されたレーザーレーダー(LiDAR)と相応の無人運転冗長性を追加すれば完全な無人運転が実現し、無人運転車「アポロ ムーン 威馬バージョン」となる。
・「アポロ ムーン 威馬バージョン」はフルセンサーおよびコンピューティングユニット冗長性を備えているため、たとえ1つのシステムに障害が発生しても車両に対する運転の指令は実行され、乗客を安全な地点まで運ぶことができる。また、4つのドアロックの独立制御、後列乗客の状態チェック、音声インタラクション、アプリによるエアコン・車窓制御、スマートドアなどの機能を備えている。なお、生産ラインの前工程であるサブアセンブリ―はすべて威馬汽車が行う。車両の運用サイクルは5年以上で、大規模で安定的な運用が可能である。
百度ApolloのWeChat公式アカウントに基づく

2021年10月20日(水)

・2021中国汽車工程学会年会展覧会(SAECCE 2021)が10月19日、上海嘉定区の上海汽車会展中心(Shanghai Automobile Exhibition Center)で開幕した。今大会は「自動車+X、双炭(カーボンピークアウトとカーボンニュートラル)下での自動車技術革新」を主要テーマに10月19日から21日まで開催される。
・今回の展示スペースは1万平方メートル。中国内外から100社余りの企業や機関が参加し、レーザー/ミリ波レーダー、スマート交通シミュレーションソフトウェア、インテリジェントホログラム交差点感知システム、自動車用ナビゲーション・ポジショニングモジュール、C-V2Xソリューション、自動車用バス(基板配線)、電流/電圧センサー、新世代シャシー技術など産業チェーン全般にわたる500余りの先端技術や製品が展示されている。出展企業はボッシュ(Bosch)、日立Astemo、聯合汽車電子、大唐高鴻、星雲互聯、上海智駕、博士隆、ANSYSなどである。
・このほか、融合知覚、電子電気情報アーキテクチャー、路車協調、情報セキュリティなどのコネクテッド・自動車エレクトロニクス技術、バッテリー、省エネ・新エネルギー車(NEV)駆動システム、水素燃料電池などの新エネルギー車技術、ガソリンエンジン、ハイブリッドと関連技術、シミュレーションとテストなどの共通技術などをテーマとして、70余りの技術分科会が展覧会期間中に催される。
・また、2021自動車開発者大会、2022年度中国自動車技術動向の発表、自動車サプライチェーンマッチング、2021 C-V2X (上海、蘇州、無錫)パイロット運行などが同時に開催される。

2021年10月15日(金)

・電気自動車(EV)メーカー合衆新能源汽車(Hozon)が手掛ける哪吒汽車(Neta)は10月11日、人工知能ソフトウェアを手掛けるSenseTime(商湯科技)と包括的な戦略的提携を開始すると発表した。
・双方はスマート運転とスマートコックピットの領域を中心に、視覚センサー、スマート運転データとプラットフォームの共同構築などの面で協力する。同時に哪吒汽車は独自開発した画像アルゴリズムをベースにSenseTimeと人工知能などの領域でも協力する。
・哪吒汽車は引き続き知能化技術と製品の独自開発に焦点を当て、「哪吒S」、「哪吒U Pro」「哪吒V」などのモデルを開発した。うち、「哪吒S」は全く新しい独自開発のプラットフォームを基に初めて開発した中型EVクーペである。演算能力200Tを実現するコンピューティングプラットフォームを使用し、2つのレーザーレーダー(LiDAR)、5つのミリ波レーダー、12個の超音波レーダー、13個のカメラ、高精度位置情報ユニット、高精度地図などを採用し、高速道路や市街地でのナビゲーションパイロット運転や駐車、遠隔呼び出しなど特定条件下でのレベル4自動運転を実現する。
・このほか、哪吒汽車はユーザーに充電サービスの「哪吒加電」を開放する。このサービスは家庭、公共モビリティ、外出先など様々な充電シーンに対応する。9月30日現在、「哪吒加電」サービスは中国100都市で展開されている。

哪吒汽車のWeChat公式アカウントに基づく