カムシャフト

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド Honda Accord (Thailand)   2020

Thai NOK Co., Ltd.

オイルシール
ASEAN・インド Honda BR-V (Thailand)   2020

Thai NOK Co., Ltd.

オイルシール
ASEAN・インド Honda CR-V (Thailand)   2020

Thai NOK Co., Ltd.

オイルシール
中国 Dongfeng Nissan Nissan Murano (樓蘭) (FF) (China) 2019

KYB Industrial Machinery (Zhenjiang) Ltd.
[凱迩必機械工業(鎮江)有限公司]

オイルシール
中国 Dongfeng Nissan Nissan Sylphy (軒逸) (FF) (China) 2019

KYB Industrial Machinery (Zhenjiang) Ltd.
[凱迩必機械工業(鎮江)有限公司]

オイルシール
中国 Dongfeng Nissan Nissan Teana (天籟) (FF) (China) 2019

KYB Industrial Machinery (Zhenjiang) Ltd.
[凱迩必機械工業(鎮江)有限公司]

オイルシール
日本 Toyota Lexus ES (Japan) 2018

Aisin Seiki (Foshan) Automotive Parts Co., Ltd.
[愛信精機(佛山)汽車零部件有限公司]

カムシャフトハウジング
日本 Toyota Lexus ES (Japan) 2018

GAC Toyota Engine Co., Ltd.
[広汽豊田発動机有限公司]

カムシャフトハウジング
日本 Toyota Lexus ES (Japan) 2018

GAC Toyota Engine Co., Ltd.
[広汽豊田発動机有限公司]

カムシャフト
欧州 Opel Grandland X (Germany) 2020

MAHLE GmbH

カムシャフト
欧州 Peugeot 208 (Slovakia) 2020

Freudenberg SE

クランクシャフトおよびカムシャフトラジアルシャフトシール
欧州 SEAT Leon (Spain) 2020

Freudenberg Sealing Technologies GmbH & Co. KG

クランクシャフトおよびカムシャフトラジアルシャフトシール
米州 Toyota Corolla (Brazil) 2020

MAHLE GmbH

カムシャフト
米州 BMW X7 (USA) 2019

thyssenkrupp AG (旧 ThyssenKrupp AG)

カムシャフト
米州 Chrysler Ram 1500 (USA) 2019

Metal Powder Products Company

アルミカムキャップ
 サプライヤー一覧

検索結果 471


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
愛知機械工業 (株) 〒456-8601 愛知県名古屋市熱田区川並町2-12 主要部品メーカー image
Amalgamations Group 861/862, Anna Salai, Chennai- 600 002, Tamil Nadu, India 主要部品メーカー image
ASIMCO Technologies Limited
[亜新科工業技術有限公司]
Room 1301, 13/F, Building A, 21st Century Building, No.40, Liangmaqiao Road, Chaoyang District, Beijing, China 主要部品メーカー image
Deutz AG Ottostrasse 1, 51149 Cologne-Porz (Eil), Germany 主要部品メーカー image
Guangxi Yuchai Machinery Group Co., Ltd.
[広西玉柴機器集団有限公司]
No.1, Yuchai Avenue, Yulin City, Guangxi Autonomous Region 537005, China 主要部品メーカー image
 ニュース
2020年06月05日(金)

・トヨタの欧州法人Toyota Motor Europe (TME)は3日、ポーランドのイェルチ・ラスコビツェ(Jelcz-Laskowice)エンジン工場でTNGAプラットフォームをベースに設計された1.5L新型エンジンの生産を開始したと発表した。
・1.5L 3気筒ダイナミックフォースエンジンは、2019年9月から同工場で生産されている2.0Lエンジンの1.5Lバージョンとなる。
・この新型エンジンはフランスのバレンシエンヌ (Valenciennes)工場で生産される「ヤリス (Yaris)」と「ヤリス クロス (Yaris Cross)」に搭載される。
・ハイブリッド車 (HV)にも搭載可能な可変カムシャフトタイミングの3気筒ガソリンユニットは、アトキンソンサイクルで最大40%の熱効率を実現し、現行モデルの「ヤリス」と比較して燃料消費量とCO2排出量を20%削減すると同時に性能を15%改善するという。
・また、ポーランドのヴァウブジフ(Walbrzych)工場では2021年からe-CVTも生産予定で、両工場への累計投資額は10億ユーロを超え、3,000名近くの雇用を創出している。

※画像をクリックすると拡大します
TMEのリリースをみる

2020年05月04日(月)

フラウンホーファー研究機構化学技術研究所 (ICT)は、繊維強化熱硬化性樹脂製カムシャフトモジュールの開発を発表した。この軽量設計製品は、エンジン重量の低減と組立コストの削減に貢献する。ドイツ連邦経済エネルギー省(BMWi)が資金提供するこのプロジェクトはMahleグループおよび関連パートナーであるDaimlerSBHPP/VyncolitGeorges Pernoudとの協力により実現した。プロジェクトでは合成モーターオイルや冷却剤による機械的および化学的ストレスに十分耐えることができる高強度な繊維強化熱硬化性樹脂を材料として選択した。カムシャフトモジュールはモノリシック設計でベアリングが一体化されているため、エンジン工場での組立時間が短縮されるという。(2020年54日付プレスリリースより)

2019年12月04日(水)

・スバル(SUBARU)は4日、カムシャフト研削工程の品質保証レベルを向上するため、富士通株式会社(以下、富士通)と共に高精度AIモデルを活用した実証実験を開始すると発表した。
・スバルは品質・生産性・効率性を同時に向上させることを目的とし、IoTやAIなどの最新技術を活用した生産工場のさらなるレベルアップを推進している。この取り組みの一環として、2018年7月から富士通と共同でAIモデルの開発に取り組んできた。
・実証実験は群馬製作所大泉工場で12月4日から2020年1月31日まで実施する。カムシャフト研削工程の量産ラインにおいて、収集したセンシングデータからAIモデルで推測した品質状態が基準内に収まっているかを実測値と比較して確認。これにより従来の抜き取り検査を主体とした品質保証に加え、AIモデルを利用した全カムシャフトの品質予測により品質保証レベルの向上が可能となるかを検証する。
スバルのリリースをみる