ブッシュ

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド Maruti Suzuki Swift 2017 Tenneco Inc. ブッシュキット
ASEAN・インド GM Chevrolet Tavera (India) 2013 Benara Udyog Ltd. コンロッドブシュ
ASEAN・インド Hindustan Motor Ambassador (India) 2013 Benara Udyog Ltd. コンロッドブシュ
中国 Dongfeng Nissan Nissan Kicks (勁客) (China) 2018 NOK Wuxi Vibracoustic China Co., Ltd.
[恩欧凱(無錫)防振橡膠有限公司]
センターベアリングサポートゴムクッション
中国 Dongfeng Nissan Nissan Lannia (藍鳥) (China) 2018 NOK Wuxi Vibracoustic China Co., Ltd.
[恩欧凱(無錫)防振橡膠有限公司]
センターベアリングサポートゴムクッション
中国 Dongfeng Nissan Nissan Livina (驪威) (China) 2018 NOK Wuxi Vibracoustic China Co., Ltd.
[恩欧凱(無錫)防振橡膠有限公司]
センターベアリングサポートゴムクッション
日本 Toyota Prius 2017 オイレス工業 (株) シフトバイワイヤー電動アクチュエーター用ブッシュ
日本 Nissan Skyline Hybrid 2014 鬼怒川ゴム工業 (株) サスペンションブッシュ (東洋ゴム工業経由)
日本 Nissan Skyline Hybrid 2014 三矢精工(株) AT用ブッシュ (ジヤトコ経由)
欧州 Porsche 911 (Germany) 2019 Federal-Mogul Holdings LLC ブシュ
欧州 Porsche 911 (Germany) 2019 Federal-Mogul Holdings LLC スラストワッシャー
欧州 Porsche 911 (Germany) 2019 Rheinmetall Automotive AG (旧 KSPG AG) スラストワッシャー
米州 Nissan Leaf (USA) 2019 Vibracoustic GmbH
(旧 TrelleborgVibracoustic GmbH)
アンチロールバーブッシュ
米州 Toyota Avalon (USA) 2019 Oiles America Corp. ブレーキペダルブシュ
米州 Ford GT (Canada) 2018 Federal-Mogul Holdings LLC ブシュ
 サプライヤー一覧

検索結果 1145


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Amalgamations Group 861/862, Anna Salai, Chennai- 600 002, Tamil Nadu, India 主要部品メーカー image
Anhui Zhongding Sealing Parts Co., Ltd.
[安徽中鼎密封件股份有限公司]
Zhongding Industry Zone, Ningguo Economic Technology Development Zone, Ningguo, Anhui, China 主要部品メーカー image
PT. Astra Otoparts Tbk Jl. Raya Pegangsaan Dua Km. 2,2, Kelapa Gading - Jakarta 14250, Indonesia 主要部品メーカー image
Continental AG Vahrenwalder Strasse 9, 30165 Hanover, Germany 主要部品メーカー image
大同メタル工業 (株) 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-3-1 名古屋広小路ビルヂング13階 主要部品メーカー image
 ニュース
2018年10月02日(火)

・中国国家市場監督管理総局の9月29日の発表によると、上汽通用汽車有限公司(SAIC General Motors Corporation Limited、以下、上汽GM)は9月29日、「欠陥自動車製品リコール管理条例」および「欠陥自動車製品リコール管理条例実施規定」に基づき、国家市場監督管理総局にリコール計画を届け出た。
・上汽GMは2018年10月20日から、ビュイック、シボレー及びキャデラックブランド車合計332万6,725台をリコールする。2013年9月から2018年9月に生産された車両の一部が対象。
・今回のリコールの理由は、フロントサスペンションのロアコントロールアームブッシュが比較的強い衝撃を受けた場合に変形または外れる恐れがあり、最悪の場合は車両制御不能に陥いる可能性があり、安全上のリスクがあるというもの。上汽GMはリコール対象車両に対し、ロアコントロールアームブッシュを無償で交換する。
国家市場監督管理総局のリリースに基づく

2018年07月24日(火)

・フォードは7月18日、トランスミッションのシフトケーブルブッシュの不具合で、北米市場で約55万台をリコールすると発表した。
・対象車種は、2013-16年型「フュージョン(Fusion)」と2013-14年型「エスケープ(Escape)」。
・シフトケーブルブッシュが不具合でトランミッションから分離すると、ギアシフトがドライバーが選んだギアと違うポジションになる可能性があり、車両が意図しない動きをするなど衝突や傷害のリスクが高まるという。
・対象車種は、2013年5月から2015年8月までミシガン州のフラットロック(Flat Rock)工場、ケンタッキー州のルイビル(Louisville)工場、メキシコのエルモシージョ(Hermosillo)工場で生産された。
・対象台数は、米国が50万4,182台、カナダが3万6,887台、メキシコが8,332台であるという。
フォードのプレスリリースをみる

2018年04月02日(月)

・KAMAZは3月27日、チベットプロジェクトの一環として同社のエンジン工場でR6エンジンのシリンダーヘッド部品の生産を開始すると発表した。
・エンジン工場では、プロセスセンター、洗浄機、プレスサドル、ガイドブッシュ、ブラインドプラグやリークテスト用ステーションなどをすでに導入済。
・第一段階では年間7万2,000個のシリンダーヘッド部品を生産する計画。

※画像をクリックすると拡大します
KAMAZのリリースをみる