ブレーキブースター

 シェア、納入状況

車両生産地別供給情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 GM Buick Encore GX (Korea) 2021

Bosch [Robert Bosch GmbH]

ブレーキブースター
ASEAN・インド・韓国 Hyundai Aura (India) 2021

MANDO AUTOMOTIVE INDIA PRIVATE LIMITED (Formerly Mando Automotive India Ltd. (Mando India Limited))

ブレーキブースター
ASEAN・インド・韓国 Hyundai Creta (India) 2021

MANDO AUTOMOTIVE INDIA PRIVATE LIMITED (Formerly Mando Automotive India Ltd. (Mando India Limited))

ブレーキブースター
中国 BAIC BJEV BJEV (北汽新能源) EC5 (China) 2022

NASN Automotive Electronics Co., Ltd.
[上海拿森汽車電子有限公司]

電動油圧ブレーキシステム
中国 BYD BYD (比亜迪) EA1 EV (海豚) (China) 2022

NASN Automotive Electronics Co., Ltd.
[上海拿森汽車電子有限公司]

電動油圧ブレーキシステム
中国 BYD BYD (比亜迪) Han (汉) (China) 2022

Bosch Automotive Products (Suzhou) Co., Ltd.
[博世汽車部件(蘇州)有限公司]

電動油圧ブレーキシステム
日本 Daihatsu Mira Tocot 2022

(株) アドヴィックス

ブレーキブースター
日本 Daihatsu Mira e:S 2022

(株) アドヴィックス

ブレーキブースター
日本 Daihatsu Rocky 2022

(株) アドヴィックス

ブレーキブースター
欧州 Alfa Romeo Giulia (Italy) 2022

Continental AG

電動油圧ブレーキシステム
欧州 Audi Q4 Sportback e-tron (Germany) 2022

Continental AG

電動油圧ブレーキシステム
欧州 Audi Q4 e-tron (Germany) 2022

Continental AG

電動油圧ブレーキシステム
米州 BMW X5 (USA) 2022

Continental AG

電動油圧ブレーキシステム
米州 BMW X7 (USA) 2022

Continental AG

電動油圧ブレーキシステム
米州 Chrysler Pacifica (Canada) 2022

Continental Automotive Mexicana S.A. de C.V. - Las Colinas

ブレーキブースター
 サプライヤー一覧

検索結果 324


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
(株) アドヴィックス 〒448-8688 愛知県刈谷市昭和町2-1 主要部品メーカー image
Aisin (China) Investment Co., Ltd.
[愛信 (中国) 投資有限公司] (旧 愛信精機 (中国) 投資有限公司)
1202-1205, TEDA MSD-C3 Bldg, No.79 First Avenue, TEDA, Tianjin 300457, China 主要部品メーカー image
(株) アイシン (旧 アイシン精機 (株)) 〒448-8650 愛知県刈谷市朝日町2-1 主要部品メーカー image
Anand Automotive Limited 1 Sri Aurobindo Marg, Hauz Khas, New Delhi – 110016, India 主要部品メーカー image
ASIMCO (Beijing) Limited
[亜新科工業技術 (北京) 有限公司]
Room 1301, 13/F, Building A, 21st Century Building, No.40, Liangmaqiao Road, Chaoyang District, Beijing, China 主要部品メーカー image
 ニュース
2022年06月08日(水)

・米国の複数メディアは6月7日、メルセデス・ベンツがグローバルで約100万台をリコールすると報じた。ブレーキ性能の低下や故障のリスクがあるという。
・米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)によると、アラバマ州タスカルーサ(Tuscaloosa)工場とインディアナ州ミシャワカ(Mishawaka)工場(現在は米国の新興EVメーカーElectric Last Mileの工場)で生産された、SUV「MLクラス(ML-Class)」、「GLクラス」、「Rクラス」のモデルが含まれる。
・このうち2004年10月21日から2012年7月11日までに生産された2006-2012年型車がリコール対象となり、米国で29万2,287台、米国以外のグローバルで70万台となる。
・これらの車両では、湿気が溜まることでブレーキブースターの腐食を引き起こし、ブレーキ機能の低下や故障に繋がるリスクがあるという。顧客に対しては、問題が解決するまで対象車両の運転をしないよう呼びかけられている。
・ディーラーでは、ゴム部品の取り外しやブレーキブースターの点検を行い、必要に応じてブレーキブースターを交換するという。
・メルセデス・ベンツは今回の問題について、顧客からブレーキのサポート力低下に関する報告を受けて2021年7月から調査を続けていた。その後数カ月にわたってテストを実施し、米国で腐食したブレーキブースターを1例確認したという。
(multiple sources on June 7, 2022)

2022年05月19日(木)

・スバル(SUBARU)は5月12日、改良型となるミッドサイズ・スポーティセダンの「レガシィ(Legacy)」を北米で初公開した。改良にあたっては、存在感を増したグリルデザインを取り入れるとともに、LEDヘッドランプのデザイン変更を行った。また、新たな安全技術や車載技術を搭載した。
・2023年型の「レガシィ」は今秋発売予定で、米国ではBase/Premium/Sport/Limited/Touring XTの5グレード、カナダではTouring/Limited/GTの3グレードがそれぞれ設定される。
・「レガシィ」はSubaru Global Platformをベースに、インディアナ州ラファイエット(Lafayette)工場で生産される。
・2.5L BOXERエンジンは、最高出力182hp、最大トルク176 lb-ftを発揮し、パドルシフト付き8速マニュアルモード機能を備えたLineartronic CVTが組み合わされる。
・Sport、Touring XT (米国)、GT (カナダ)には、よりパワフルな2.4LターボBOXERエンジン(最高出力260hp)を搭載する。
・「レガシィ」は、最新世代のアイサイト(EyeSight Driver Assist)を標準装備しており、視野の拡大、制御ソフトウェアの更新、電動ブレーキブースターの追加により、よりスムーズに様々な条件下で作動する。
・アイサイトには、プリクラッシュブレーキと連動する自動緊急ステアリングが追加される。
・また、上級グレードのTouring XTやGTには、デュアルカメラ方式のアイサイトと連動する広角単眼カメラを追加している。

※画像をクリックすると拡大します
(Subaru of America press release)
(Subaru Canada press release)

2022年05月16日(月)

・メルセデス・ベンツは5月12日、同社が米国で販売した2006-2012年型モデルの「MLクラス」、「GLクラス」、「Rクラス」の一部車両において、ブレーキブースターのハウジング接合部の腐食が進行し、機能に影響を与える恐れがあると判断したと発表した。
・同社は、対象車29万2,287台をリコールする予定。
・このリコールプログラムは、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)と全面的に連携して開始される。
・メルセデス・ベンツは、対象となる顧客に対し、車両の運転を中止するよう案内するとともに、修理のためのレッカー移動を無料で提供する予定。
メルセデス・ベンツのリリースをみる