ベアリング

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド Mahindra & Mahindra Bolero (India) 2019

Texspin Bearings Ltd.

クラッチリリースベアリング
ASEAN・インド Mahindra & Mahindra Scorpio (India) 2019

Texspin Bearings Ltd.

クラッチリリースベアリング
ASEAN・インド Mahindra & Mahindra Thar (India) 2019

Texspin Bearings Ltd.

クラッチリリースベアリング
中国 Dongfeng Passenger Vehicle Dongfeng Fengshen (東風風神) A60 (China) 2019

CHANGZHOU NRB CORPORATION
[常州光洋軸承股份有限公司]

トランスミッションベアリング
中国 JAC Refine (瑞風) M4 (FR) (China) 2019

CHANGZHOU NRB CORPORATION
[常州光洋軸承股份有限公司]

トランスミッションベアリング(1.5T)(6MT)
中国 BMW Brilliance BMW 318Li (FR) (China) 2018

CHANGZHOU NRB CORPORATION
[常州光洋軸承股份有限公司]

8速自動マニュアルトランスミッションベアリング(1.5T)(8AMT)
日本 Toyota Lexus LC500 2018

(株) ジェイテクト

トランスミッションニードルローラーベアリング
日本 Nissan Leaf 2017

日本精工 (株)

ベアリング
日本 Toyota Prius 2017

日本精工 (株)

クリープフリー軸受
欧州 Daimler Mercedes-AMG One (Germany) 2020

AB SKF

トランスミッションベアリング
欧州 Ford Puma 2020

Vibracoustic AG

トランスミッションベアリング
欧州 Jaguar Land Rover Land Rover Defender (UK) 2020

Vibracoustic AG

トランスミッションベアリング
米州 BMW X5 (USA) 2019

Schaeffler AG

トランスミッションベアリング
米州 GM Chevrolet Silverado (USA) 2019

Vibracoustic Polska sp. z.o.o.

センターベアリングサポート
米州 GM Chevrolet Equinox (USA) 2018

ZWZ BEARING USA INC.

4WDシステムベアリング
 サプライヤー一覧

検索結果 1792


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
愛知機械工業 (株) 〒456-8601 愛知県名古屋市熱田区川並町2-12 主要部品メーカー image
Aisin Group (China)
[Aisin Group (中国事業)]
Unit 1202-1205, C3, Area MSD-C, Taida, No.79, First Ave., Tianjin Economic Development Zone, Tianjin 300457, China 主要部品メーカー image
アイシン精機 (株) 〒448-8650 愛知県刈谷市朝日町2-1 主要部品メーカー image
アイシン高丘 (株) 〒473-8501 愛知県豊田市高丘新町天王1 主要部品メーカー image
Amalgamations Group 861/862, Anna Salai, Chennai- 600 002, Tamil Nadu, India 主要部品メーカー image
 ニュース
2020年01月15日(水)

Schaefflerは、グローバルなアドバイザリー機関である水素協議会 (Hydrogen Council)にステアリングメンバーとして参加したと発表した。Schaeffler材料技術、成形技術、表面技術におけるコアな専門知識は、将来の水素経済のために重要なコンポーネントの効率的な大量生産を可能にし、企業の成功に大きく貢献するとしている。協議会では、燃料電池部品の開発とテストのための研究開発パートナーシップの確立と開発も重要な戦略的課題となる。同社は2019年にすでにバイエルン水素協議会に参加しており、燃料電池の重要部品の付加価値チェーンに注力してきた。同社は電子制御システム、特殊高性能ベアリング、スマート熱管理モジュール、受動的水素再循環用部品などの開発により、燃料電池システムのポートフォリオを拡大している。(2020115日付プレスリリースより)

 

2020年01月13日(月)

日本精工の欧州統括本社NSK Europeは、電動化車両 (ハイブリッド車、燃料電池車、電気自動車など)用の新型テーパーローラーベアリングを開発したと発表した。このベアリングは希薄潤滑条件下での耐焼付性を劇的に高め、トランスミッションの信頼性と効率を向上させ、より小さな潤滑システムの使用とコンパクトなギアボックスの設計を可能にする。同社は毛管現象により微細な溝にオイルを保持および分配する特別なケージを作成した。オイルはローラーの端近くのケージに保持され、潤滑が少ない場合に微細溝から必要な領域に染み出すという。従来品と比較して、オイルポンプを停止した後、7倍の高耐焼付性を実現するとしている。新型ベアリングは、従来より焼付を防ぐために必要な潤滑油が95%少なく、幅が10%狭く、質量が5%小さくなっている。(2020113日付プレスリリースより)

2019年12月19日(木)

大同メタル工業は、Cumminsから大型商用トラック用エンジン「X12」向けのすべり軸受けを受注したと発表した。このエンジンは、米国および中国でも生産され、それぞれのエンジン工場に向けて大同メタルの海外関係会社である大同メタルU.S.A.および大同精密金属 (蘇州) 有限公司を通じて軸受の供給を行う。「X12」は従来のエンジンと比較し、すべり軸受けの使用環境が厳しく、大同メタルの軸受材料および精密加工などの技術ソリューションが高く評価され受注に至ったという。(2019年12月19日付プレスリリースより