エアインテークシステム/モジュール

 シェア、納入状況

車両生産地別納入情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド Mahindra & Mahindra Bolero (India) 2018 SOGEFI MNR Filtration India Pvt. Ltd. エアインテークシステム
ASEAN・インド Mahindra & Mahindra Bolero Power + (India) 2018 SOGEFI MNR Filtration India Pvt. Ltd. エアインテークシステム
ASEAN・インド Mahindra & Mahindra KUV100 NXT (India) 2018 SOGEFI MNR Filtration India Pvt. Ltd. エアインテークシステム
中国 Dongfeng Honda Honda CR-V (AWD) (China) 2019 Huangzhou Tigers Polymer Co., Ltd.
[杭州泰賀塑化有限公司]
エアインテークホース
中国 Dongfeng Honda Honda CR-V (AWD) (China) 2019 Huangzhou Tigers Polymer Co., Ltd.
[杭州泰賀塑化有限公司]
エアインテークチャンバー
中国 Dongfeng Honda Honda Civic (思域) (FF) (China) 2019 Huangzhou Tigers Polymer Co., Ltd.
[杭州泰賀塑化有限公司]
エアインテークホース
日本 Suzuki Alto Eco 2013 (株) ミクニ エアインテークモジュール
日本 Suzuki MR Wagon 2013 (株) ミクニ エアインテークモジュール
日本 Suzuki Wagon R 2013 (株) ミクニ エアインテークモジュール
欧州 SEAT Tarraco (Germany) 2019 Mahle GmbH エアインテークモジュール
欧州 Audi A6 (Germany) 2018 Mahle GmbH エアインテークモジュール
欧州 Audi A6 (Germany) 2018 Woco Industrietechnik GmbH エアインテーク
米州 BMW X5 (USA) 2019 Mahle GmbH エアインテークモジュール
米州 Chrysler Jeep Cherokee (USA) 2017 ABC Group, Inc. エアインダクションシステム
米州 Chrysler Jeep Compass (USA) 2017 MANN+HUMMEL USA, INC. (U.S.Headquarters) エアインテークシステム
 サプライヤー一覧

検索結果 107


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
愛三工業 (株) 〒474-8588 愛知県大府市共和町1-1-1 主要部品メーカー image
Anand Automotive Limited 1 Sri Aurobindo Marg, Hauz Khas, New Delhi – 110016, India 主要部品メーカー image
Bosch [Robert Bosch LLC] 38000 Hills Tech Drive, Farmington Hills, Michigan 48331 USA 主要部品メーカー image
Bosch [ボッシュ (株)] 〒150-8360 東京都渋谷区渋谷3-6-7 主要部品メーカー image
Bosch [Robert Bosch GmbH] Robert-Bosch-Platz 1, 70839 Gerlingen-Schillerhoehe, Baden-Wuerttemberg, Germany 主要部品メーカー image
 ニュース
2018年11月06日(火)

Sogefiは、新世代の水素燃料電池車 (FCV)に同社の冷却部品が採用されたと発表した。同社が提供する部品の合計金額は、車両1台あたり250ユーロに達するという(内燃エンジン車の場合1台あたり70ユーロ)Sogefiは水素、空気冷却部品の製造を2021年からカナダMontreal工場で開始する予定。同社が生産する製品は、水素インテークマニホールド、エアインテークマニホールド、水素排気システム、排気システム、冷却ダクトなど。(2018116日付プレスリリースより)

2018年09月04日(火)

・8月31日付のマレーシア現地メディアPaul Tanは、プロドゥアが7人乗りMPVの改良型「アルザ(Alza)」の画像を公開したと報じた。
・新しくなったバンパーが主な変更で、エアインテークが幅広く低くなりフォグランプの位置が変わった。バンパーの変更に伴って、フロントグリルも変更になっている。
・エンジンに関しては、改良型「アルザ」は小型ハッチバックの新型「マイヴィ(Myvi)」に搭載されている1.5L Dual VVT-iエンジン(102hp、136Nm)が設定される見込み。このエンジンは燃費と排気ガスの面でも優れているという。
(On the article of Paul Tan on August 31, 2018)

2018年09月04日(火)

Lumax Auto TechnologiesとイタリアのCornaglia Groupが折半出資するLumax Cornaglia Auto Technologiesは、インドPuneChakanに研究開発センターを新設したと発表した。新センターはCornagliaの設計者とLumaxの現地設計スタッフが従事し、エアインテークシステム、尿素タンク、CACダクトおよびその他ブロー成型部品などに関する研究開発を行う。(201894日付プレスリリースより)