ABS

 シェア、納入状況

車両生産地別供給情報

 地域

 メーカー

 モデル

 モデルイヤー

 サプライヤー

 部品名

ASEAN・インド・韓国 Kia K3 (Korea) 2022

Hyundai Mobis Co., Ltd.
[現代モービス (株)]

ABS
ASEAN・インド・韓国 Nissan Kicks e-POWER (Thailand) 2022

日立Astemo (株) (旧 日立オートモティブシステムズ (株))

ABSアクチュエーター
ASEAN・インド・韓国 Toyota Hilux (Thailand) 2022

(株) アドヴィックス

ABSアクチュエーター
中国 JAC Group JAC (江淮) Refine (瑞風) M4 (FR) (China) 2023

BWI (Shanghai) Co., Ltd.
[京西重工(上海)有限公司]

ABS(2.0T)(6AT)
中国 BAIC ORV Beijing (北京) BJ40 (4WD) (China) 2022

Bosch Automotive Products (Suzhou) Co., Ltd.
[博世汽車部件(蘇州)有限公司]

ABS(2.0T)(8AMT)
中国 BMW X1 sDrive20Li (FF) (China) 2022

Continental Teves AG & Co. oHG (World HQS + Frankfurt Plant)

ABS(1.5T)(7DCT)
日本 Daihatsu Altis Hybrid 2022

(株) アドヴィックス

ABSアクチュエーター
日本 Daihatsu Boon 2022

(株) アドヴィックス

ABSアクチュエーター
日本 Daihatsu Mira Tocot 2022

(株) アドヴィックス

ABSアクチュエーター
欧州 BMW 7 Series (Germany) 2022

ZF Friedrichshafen AG

電子制御機械式ロールコントロール(ERC)
欧州 Jaguar Land Rover Land Rover Range Rover Evoque (UK) 2022

Continental AG

ABSアクチュエーター
欧州 Lotus Emira (UK) 2022

Bosch [Robert Bosch GmbH]

ABS
米州 Ford F-150 Lightning (USA) 2022

ZF Friedrichshafen AG

インテグレーテッドブレーキコントロール
米州 GM Chevrolet Silverado (Canada) 2022

ZF Friedrichshafen AG

インテグレーテッドブレーキコントロール
米州 GM GMC Hummer EV (USA) 2022

ZF Friedrichshafen AG

インテグレーテッドブレーキコントロール
 サプライヤー一覧

検索結果 233


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
(株) アドヴィックス 〒448-8688 愛知県刈谷市昭和町2-1 主要部品メーカー image
Bosch [Robert Bosch LLC] 38000 Hills Tech Drive, Farmington Hills, Michigan 48331 USA 主要部品メーカー image
Bosch [ボッシュ (株)] 〒150-8360 東京都渋谷区渋谷3-6-7 主要部品メーカー image
Bosch [Robert Bosch GmbH] Robert-Bosch-Platz 1, 70839 Gerlingen-Schillerhöhe, Germany 主要部品メーカー image
Continental AG Vahrenwalder Strasse 9, 30165 Hannover, Germany 主要部品メーカー image
 ニュース
2022年08月01日(月)

・江淮汽車は7月28日、電気自動車(EV)の新型コンパクトセダン「思皓(Sehol)愛跑」を発売したと発表した。全5バージョンが設定されており、価格は13.99万元から19.99万元。
・クーペスタイルのファストバックデザインを採用し、運動の美を体現している。フロント・リアとも水平に広がるランプや乗員と対話するスマートランプなどを搭載した。
・車体サイズは、全長4,770 X 全幅1,820 X 全高1,510mm、ホイールベース2,760mm。
最高出力142kW、最大トルク340Nmの永久磁石同期モーターを搭載し、50.1kWhのハニカム構造のバッテリーを組み合わせる。CLTCモードでの航続距離は460km。一部バージョンは64.5kWhのバッテリーパックを選択することも可能で、CLTCモードでの航続距離は602kmとなる。0-100k/h加速は7.6秒。
・ファーウェイのスマートアシスタント、iFLYTEKの音声コントロールシステム、インテリジェントリモートコントロールシステム、OTAアップデート機能、ABSなどを標準装備する。最上級バージョンはインテリジェント運転支援システムのJ-Pilotを搭載し、レベル2自動運転を実現する。
  
江淮汽車のリリースおよびモデル情報に基づく

2022年07月26日(火)

・いすゞの7月15日付発表および21日付のマレーシア現地紙New Straits Timesの報道によると、いすゞはマレーシアで14日に重量級トラックの新世代「ギガ(Giga)」シリーズを発表した。同シリーズを導入するのは、日本と中国に続きマレーシアが3カ国目。東南アジアでは初となる。
・重量級トラックおよびプライムオーバー(トラクタートラック)計5モデルを発表した。パワフルなエンジン、頑丈なボディ、優れた空力性能を備え、キャビンにはドライバー・フレンドリーなキャブデザインを採用し、ドライバーの乗り心地、作業効率、安全性を向上した。
・5モデルのうち、CYZ420リジッドトラックの「C」および「E」シリーズは7速MTを採用した。プライムオーバーのEXR420 4×2とEXZ460 6×4は最大で16速のMTまたはAMTを採用する。
・「ギガ」シリーズは1994年に第1世代が日本で発売され、今回のフルモデルチェンジにより第2世代モデルとなった。バランスと調和のとれた「メリハリ」のあるデザインを採用、Euro3排ガス規制に適合する15.6L 6WG1エンジン(最高出力420hpまたは460hp)を搭載した。ABS、運転席SRSエアバッグ、BOA(ブレーキ・オーバーライド・アクセラレーター)などを含む安全システムIsuzu Safety Plusを装備している。
(From Isuzu Malaysia homepage and press release on July 15, 2022 and an article of New Straits Times on July 21, 2022)

2022年07月21日(木)

・シトロエンは7月20日、インドでサブコンパクトクロスオーバーSUV「C3」を発売した。現地製モデルで販売価格は57万インドルピー(約98万円)から80万5,000インドルピー(約139万円)まで。
・同モデルの現地調達率は90%で、生産はタミルナドゥ州にあるティルヴァッルール(Thiruvallur)工場で行われる。
・2種類のエンジンが用意され、1.2L Puretech 82ガソリンエンジン(最高出力82ps、最大トルク115Nm、燃費19.8km/L)には5速MTを、1.2L Turbo Puretech 110ガソリンエンジン(最高出力110ps、最大トルク190Nm、燃費19.4km/L)には6速MTを組み合わせる。
・同モデルの外板色は10種類の組み合わせがあり、56種類のカスタマイズオプションと3つのパッケージが用意される。その他EBD付きABS、後退駐車センサー、26cmタッチスクリーン、ハロゲンヘッドランプ、サイドシルパネル、ルーフアンテナなどを装備する。
Based on the Citroen India press release/ Citroen India website