ニュース

18527件中 15081件~15100
2005年01月06日(木)
04年の国内新車販売は前年比0.4%増の585万3379台となり、2年連続で前年を上回った。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が5日まとめた昨年の台数は、登録車が同1.6%減の39...(記事全文)
2005年01月06日(木)
懸架装置大手のヨロズは、06年度までにメキシコでの生産能力を倍増する。サスペンション組立用の溶接ロボットを100台導入するほか、プレス機械も200トン級タンデム機を中心に4台増設する。2年間での...(記事全文)
2005年01月05日(水)
アルファは、海外工場の生産分担を見直す。従来、米国とメキシコ、タイの生産拠点は主力のキーセットとドアハンドルの両方を手がけていたが、それぞれを製品ごとの専用工場に切り替えて生産効率を高める。来年...(記事全文)
2005年01月05日(水)
ダイハツ工業はトヨタ自動車の海外拠点を活用して完成車を組み立てて、周辺国にダイハツブランド車を供給する事業を拡大する。ダイハツは現在、パキスタンとベネズエラにあるトヨタの工場にノックダウン輸出し...(記事全文)
2005年01月05日(水)
ホンダは直列4気筒ガソリンエンジンで気筒休止システム(可変シリンダーシステム)を開発する。既に市販しているV型6気筒の気筒休止と合わせ、当面の燃費対策の切り札に位置付ける公算が大きい。中国を始め...(記事全文)
2005年01月05日(水)
ニフコは、欧州での事業戦略を見直す。従来は05年末にも新たな生産拠点を設置するなど、EU西部で事業の拡充を計画していたが、当面は英国工場などの既存拠点を中心に基盤固めに集中する。また、これと並行...(記事全文)
2005年01月05日(水)
ルノーはマレーシアでアフターサービス体制を強化する。東南アジア地域では初めてとなる完成車の現地組み立てを開始したことに合わせ、アフターサービス専門のマネジャーを仏から派遣する。またサービス拠点を...(記事全文)
2005年01月05日(水)
経済産業省・資源エネルギー庁は、電子燃料噴射(インジェクション)対応など次世代LPG車に適した燃料ガスの開発に乗り出す。来年度から3年かけ、ガス中の硫黄分を減らしたり、合成ガスからLPGを製造す...(記事全文)
2005年01月05日(水)
ボッシュオートモーティブシステム(ボッシュAJ)は、軽自動車及び二輪車用の部品事業を強化する。ボッシュグループは、これまで四輪登録車用の部品が中心で、現在の軽、二輪車用部品の販売構成比はわずかに...(記事全文)
2005年01月01日(土)
富士重工業はスウェーデンのサーブ・オートモービルに、水平対向ディーゼルエンジンを供給する。富士重は水平対向型では世界初のディーゼルエンジンを開発中。07年には実用化する計画。市販車への搭載に合わ...(記事全文)
2005年01月01日(土)
日立製作所は自動車メーカーに対する訴求力の向上を狙いに、3、4年後をめどに提案用車両を開発する。自動車部品事業強化の一環として行うもので、市販車をベースに日立グループで実用化を目指すITS統合制...(記事全文)
2005年01月01日(土)
三菱自動車は12月28日、台湾の中華汽車と中国大陸で共同事業を展開することに基本合意したと発表した。中華汽車が折半出資している東南汽車(福建省)に出資し、将来的には三菱ブランド車の生産・販売を行...(記事全文)
2004年12月28日(火)
ホンダは06年中にも、中国生産車用部品の現地調達率を全車種平均で80%以上に引き上げる。現在は一部90%を超えている車種があるものの、60~70%程度にとどまっている車種が多い。06年初めに生産...(記事全文)
2004年12月28日(火)
トヨタ自動車は2010年までに、自動車市場の拡大が見込まれるブラジル、ロシア、インド、中国の「BRICs」市場で、年間150万台以上を販売する。中期的な経済成長が予想される新興4大国で販売を現状...(記事全文)
2004年12月28日(火)
日本自動車工業会が12月27日発表した04年11月の生産実績は、前年同月比7.1%増の92万6469台と2カ月ぶりに増加した。乗用車合計が2カ月ぶりのプラスになったほか、トラックが5カ月ぶり、バ...(記事全文)
2004年12月28日(火)
帝国ピストンリングは、在庫(棚卸資産)の半減などを狙いに、生産計画の管理体制を見直す。ERP(経営資源情報の統合管理システム)を更新し、05年1月から営業部門が持つ最新の受注情報を、生産部門へ詳...(記事全文)
2004年12月28日(火)
豊田合成は05年度中にも、国内外の大半の部品生産拠点で次世代の国際品質規格とされる「ISO/TS16949」(以下、TS規格)を取得する。特に欧米メーカーへの納入量が多い海外工場では、04年度中...(記事全文)
2004年12月27日(月)
富士重工業は、最長で40日余りを必要としていた国内市場向け新車の納期を20日以下へと半減させる。今後2年程度をかけて、生産指示の発出タイミングを現在の10日単位から1週間単位、さらには1日単位に...(記事全文)
2004年12月27日(月)
小糸製作所は、韓国の自動車ヘッドランプ市場でシェアを倍増する。韓国の合弁会社である仁熹ライティング(略称=IHL)の合弁パートナーが、現代自動車系の現代モービス社の傘下に入ったことを受け、現代自...(記事全文)
2004年12月27日(月)
スズキは伊フィアット・オート社と共同開発する小型SUVに、1.6~1.8リットルガソリンエンジンと2リットル以下級のディーゼルエンジンを搭載する。共同開発車は05年秋の発売を予定しているが、スズ...(記事全文)