ニュース

17879件中 5481件~5500
2012年09月28日(金)
日本ガイシは、直噴ガソリンエンジンから排出される"ナノPM"の個数濃度を低減する新システムの開発に乗り出す。現在は自動車各社が燃費改善策としてエンジンの直噴化を進めているが、燃焼効率を高めるため...(記事全文)
2012年09月28日(金)
三菱重工は27日、カーエアコン事業を完全子会社の「MHIクライメートコントロール」(愛知県清須市)に承継させることを決定したと発表した。カーエアコン事業を専業化し、国内自動車メーカーによる生産の...(記事全文)
2012年09月28日(金)
ホンダは27日、ハイブリッドスポーツ車「CR-Z」をマイナーチェンジし28日から発売すると発表した。国内のホンダハイブリッド車で初となるリチウムイオン電池を搭載し、モーターの高出力化なども図ると...(記事全文)
2012年09月28日(金)
日産自動車は、今後の小型ハッチバック(HB)車の開発において、新型「ノート」に導入した「リップ付きリアアウトレット」の採用拡大を図る。同機構はリアコンビネーションランプに設けた通気口から、車体下...(記事全文)
2012年09月28日(金)
トヨタ自動車は、近く発売予定の新型「クラウン」のハイブリッドモデルに、ハイブリッド車(HV)専用に新開発した2.5リットルエンジンを搭載する。新型クラウンは年内にも発売予定だが、ハイブリッドモデ...(記事全文)
2012年09月27日(木)
トヨタ自動車は、排ガスの大幅なクリーン化に貢献するディーゼルエンジン(DE)用触媒システムの実用化にめどを付けた。新「NSR(NOxストレージ・リダクション=吸蔵還元)触媒」と呼ぶもので、排気管...(記事全文)
2012年09月27日(木)
日本精工は26日、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)の高速モーター用に従来比1.8倍の高速回転に対応する「高速モータ用グリース潤滑玉軸受」を開発、自動車メーカーなどへの提案活動を開始する...(記事全文)
2012年09月27日(木)
住友ゴム工業は26日、2020年度に売上高1兆2千億円、営業利益率12%以上を掲げる新長期ビジョン「ビジョン2020」を策定した。目標達成に向けて新興市場での生産・販売体制を強化するとともに、タ...(記事全文)
2012年09月26日(水)
三菱自動車は25日、植物由来材料のカシューナッツシェルオイルを用いた自動車部品を開発したと発表した。環境保護だけでなく、従来品に比べて耐熱性に優れ、コストも安いという。軽自動車用エンジンのオイル...(記事全文)
2012年09月26日(水)
パナソニックは24日、トヨタ自動車の電気自動車(EV)「eQ」にリチウムイオン電池が採用されたと発表した。トヨタにはすでにハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)用のリチウムイ...(記事全文)
2012年09月25日(火)
日本グッドイヤー(東京都港区)は、環境対応型タイヤ「エフィシエントグリップ」が、トヨタ自動車の新型「オーリス」に採用されたと発表した。エフィシエントグリップは、欧州グッドイヤーが開発、非対称パタ...(記事全文)
2012年09月25日(火)
NTNはこのほど、新開発の焼結成形方法を用いた「複層焼結含油軸受」を商品化したと発表した。内層部と外層部で異なる材料を組み合わせ一体成形する新開発の二色成形技術を世界で初めて使用し、高強度で優れ...(記事全文)
2012年09月24日(月)
マツダは21日、先進安全技術群「i-ACTIVSENSE(アイ アクティブセンス)」を年内に国内発売する新型「アテンザ(海外名=マツダ6)」に搭載すると発表した。九つの先進安全機能を集めたもので...(記事全文)
2012年09月24日(月)
ホンダが鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)を軽自動車中心の工場に転換していくことに伴い、同工場に部品を納めるホンダ系部品メーカーでは、軽を重視した戦略への見直しを迫られている。ホンダ系各社は「フィット」...(記事全文)
2012年09月24日(月)
大豊工業は、日本国内のエンジンベアリング生産について、工場ごとの役割分担を見直す。現在は細谷工場(愛知県豊田市)、九州工場(鹿児島県出水市)、生産子会社大豊岐阜(岐阜県御嵩町)を主な量産工場とし...(記事全文)
2012年09月24日(月)
TBKは電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)用の新たな暖房システムを開発した。新システムはモーターとファンで構成、モーターのドライバー部とコイル部から発する熱を利用しファンで送風する仕組み...(記事全文)
2012年09月20日(木)
富士重工業は19日、群馬製作所本工場の生産能力を2013年夏に現状比2割増の18万台に増強すると発表した。ボトルネックとなっている溶接の一部工程などで設備の更新や増設を図る。同社は同工場で当初、...(記事全文)
2012年09月19日(水)
日本プラストは海外生産拠点の現地調達率を2013年度に7割に引き上げる。メキシコ、中国といった新興国の現調率を高めることでコストダウンを図るとともに、低コストの素材や構成部品を日本など先進国でも...(記事全文)
2012年09月18日(火)
アイシン・エィ・ダブリュ(=アイシンAW)は自動変速機(AT)の開発について、当面は“多段化競争”に乗らずに、投資効率が高い技術課題の解決に集中する方針だ。現在は国内外の...(記事全文)
2012年09月18日(火)
大豊工業は次期中期経営計画(2013~15年度)の枠組みを固めた。主力の自動車用エンジン軸受の生産、販売を11年度に比べ約7割増の年5億個に引き上げ、グローバルシェアを世界トップクラスの25%に...(記事全文)