ニュース

18280件中 4221件~4240
2014年09月22日(月)
燃料電池車(FCV)の普及に向けたホンダの戦略が次のステップに移った。同社は岩谷産業とともに大幅に小型化した水素ステーションを開発し、さいたま市と連携して実証実験を始めた。ホンダが2012年に埼...(記事全文)
2014年09月22日(月)
住友ゴム工業は、神戸市の同社敷地内に技術研究センター5号館の起工式を実施したと発表した。総工費は約13億円。延床面積は約3,700平方メートルで、2015年8月に竣工予定。既存の技術研究センター...(記事全文)
2014年09月22日(月)
マツダは、四輪駆動(4WD)システムの小型軽量化に乗り出す。システムの要となる後輪に駆動力を配分するデファレンシャル機構は現在、上級車でも軽自動車並みのシステムを搭載しているが、さらにひと回りコ...(記事全文)
2014年09月19日(金)
トヨタ系車体部品メーカーの豊田鉄工(愛知県豊田市)が、2017年度までに連結売上高3千億円(13年度比14.8%増)を達成する見通しとなった。従来は15年度までの売上目標としていたが、東日本大震...(記事全文)
2014年09月19日(金)
東海ゴム工業の西村義明社長は18日、日刊自動車新聞社などのインタビューに応じ、独フォルクスワーゲン(VW)や伊フィアットを始めとする非日系自動車メーカー向け事業の開拓を加速する方針を明らかにした...(記事全文)
2014年09月18日(木)
村上開明堂は17日、自動車用バックミラーのダイカスト部品を生産、販売する国内の連結子会社を解散すると発表した。12月31日に解散し、ダイカスト部品の生産は静岡県内の取引先に委託する。生産は12月...(記事全文)
2014年09月18日(木)
ニフコは16日、国内の技術開発体制を現状の6拠点から2拠点に集約すると発表した。今年末頃から順次進めていく。集約により開発体制の効率化を図ることで新技術の開発スピードを高めるなど、開発体制の強化...(記事全文)
2014年09月18日(木)
KYBは自動車機器製品の開発を開発実験センター(岐阜県川辺町)に集約する。同センター敷地内に新棟を建設し、岐阜県内の工場に分散している二輪・四輪製品の実験部門を集結させる。主要取引先の自動車メー...(記事全文)
2014年09月17日(水)
・英国の調査会社LMC Automotiveは12日、2014年8月のライトビークル(中大型商用車を除く)のグローバル販売が、前年同月比1.0%増の665万台になったと発表した。・8月の季節調整...(記事全文)
2014年09月17日(水)
アイシン精機は、2015年度までに開発子会社アイシンエンジニアリング(AIE、愛知県刈谷市)の従業員約1200人の再配置を実施する。アイシン精機、アイシン・エィ・ダブリュ(愛知県安城市)、アドヴ...(記事全文)
2014年09月16日(火)
AW (蘇州) 汽車零部件公司 [AW Suzhou Co., Ltd. (China)] は2014年9月16日、重慶長安汽車向け小トルクFF 4速AT「AWF4S15-Ⅱ」をラインオフした。...(記事全文)
2014年09月16日(火)
日本の乗用車メーカーによる2014年8月の日本、米国、中国における販売台数がまとまった。国内市場は消費税率引き上げ後の影響でホンダを除く7社が前 年実績を下回った一方、米国市場では3カ月ぶりに全...(記事全文)
2014年09月16日(火)
マツダは、インテークマニホールドと一体型の水冷式インタークーラーを新型「デミオ」で採用した。新開発の1.5リットルディーゼルエンジン(DE)用 で、水冷式インタークーラーの採用は同社では初めてと...(記事全文)
2014年09月16日(火)
古河AS(滋賀県甲良町)は、自動車用鉛バッテリーの状態を監視するバッテリー・ステート・センサー(BSS)の販売を2020年までに年間600万個に拡大する。13年度実績の90万個に対して、7倍近く...(記事全文)
2014年09月12日(金)
NTNは、独自開発の「インホイールモータシステム」を搭載した二人乗りEV (超小型モビリティ) を静岡県磐田市に貸与し、実証事業を開始したと発表した。この車両は、静岡県内で初めて超小型モビリティ...(記事全文)
2014年09月12日(金)
坂本工業(群馬県太田市)は、本社工場に排気系部品の性能を単体で評価できる試験設備を導入する。2015年3月をめどに、マフラーやエキゾーストパイプ専用の試験施設などを設置する計画だ。既存の設備で行...(記事全文)
2014年09月12日(金)
マツダは新型「デミオ」の車体骨格部品に、引っ張り強度が1180メガパスカル(120キロ級)の超高張力鋼板(超ハイテン材)を採用した。マツダ車で車体骨格部品に120キロ級ハイテンを使うのは初めて。...(記事全文)
2014年09月12日(金)
マツダは11日、小型車「デミオ」を7年ぶりに全面改良して26日から順次発売すると発表した。同日、予約販売を開始した。新型デミオは独自の先進環境技術をすべて搭載した「フルスカイアクティブ車」の第4...(記事全文)
2014年09月12日(金)
東海理化が、次世代の操作系システムの企画、開発を本格化しようとしている。2014年6月に新たなプロジェクトチームとして「スイッチ事業再構築プロジェクト」を設置し、技術検討を集中的に実施している。...(記事全文)
2014年09月11日(木)
ティラドは2017年度までに環境対応製品の売上高構成比を13年度の27%から40%に高める。自動車の低燃費化などを通じて環境負荷を低減できる製品を事業の柱として育てる方針だ。日本自動車部品工業会...(記事全文)