ニュース

276件中 221件~240
2006年11月21日(火)
・フィリピン自動車工業会(CAMPI)が20日に示した10月のメーカー別新車販売台数で、総数が8,249台となり前年同月を7.4%下回った。1~10月の累計でも前年の数字に500台余り届いておら...(記事全文)
2006年11月08日(水)
・トヨタ・モーター・フィリピン(TMP)は6日、小型多目的車(MPV)「アバンザ」を発売した。100万ペソを大幅に下回る価格帯ながら7人乗りという利便性をアピールし、当面は月間500台の販売を目...(記事全文)
2006年10月26日(木)
・関税局が、スービック湾自由港以外での中古車輸入の禁止を決めた最高裁判所決定を来月初めから実施に移す。今月17日に示した回状第241-2006号が、施行に必要な告知期間である15日を経過するため...(記事全文)
2006年10月25日(水)
・三菱モーターズ・フィリピンズのシニア・バイスプレジデント、メルコー・ディソン氏が、スポーツタイプ多目的車(SUV)「ジンガー」の国内生産の可能性を示唆した。・現在生産拠点となっている台湾以外に...(記事全文)
2006年10月19日(木)
フィリピン自動車工業会(CAMPI)が17日に示したまとめでは、9月単月の販売台数は8,509台で、前年同月より3.8%増えた。とりわけ乗用車が9.1%増となり、商用車の伸び率0.7%を大きく上...(記事全文)
2006年10月13日(金)
・早期成立が期待されるバイオ燃料法案が、上院で可決された。・11日に開かれた上院の第2、3読会後の採決で、輸送分野での代替燃料源としてバイオ燃料の利用を認めるバイオ燃料法案が、19対0の全会一致...(記事全文)
2006年10月06日(金)
・ホンダ知的財産部の久慈直登部長が5日、マカティ市で開催された知的財産権セミナーで講演。デザインが同社成功のカギを握るとし、その権利保護の重要性を地元弁護士らに説いた。・また知的財産権は、スケッ...(記事全文)
2006年09月29日(金)
・フィリピン自動車部品製造業者連盟(MVPMAP)は27日、政府に対しタイの政変で生産基地のシフトを模索している自動車部品メーカーの誘致を進めるよう求めた。・同連盟のディレクター、フェルディ・ラ...(記事全文)
2006年09月22日(金)
・トヨタ・モーター・フィリピンが、2年連続となる単独展示会「ワールド・オブ・トヨタ・モーターショー」を、きょうから28日までマニラ首都圏パサイ市で開催する。新たに国内で販売した3車種のほか、近く...(記事全文)
2006年09月19日(火)
・フィリピン自動車工業会(CAMPI)がまとめた8月の新車販売台数は前年同月比6.2%増の8,709台となり、前月に続き月別の今年最高を更新した。ただ1~8月の累計は、依然として前年同期実績にわ...(記事全文)
2006年09月08日(金)
・フィリピン自動車工業会(CAMPI)は、最高裁判所が先ごろ下した、中古車輸入をスービック湾自由港のみに認める判断を歓迎する意向を示した。一方、中古車輸入業者からはこの決定とは別に、原油高騰の影...(記事全文)
2006年09月07日(木)
・トヨタ・モーター・フィリピンは4日、日本で今年1月にフルモデルチェンジした新型「カムリ」をフィリピンでも発売した。初の3500CCという大型エンジンを搭載しているモデルを軸に、富裕層などを取り...(記事全文)
2006年08月23日(水)
・部品メーカーを主体とした国内自動車業界が求めている「国民車計画」の第2弾に税優遇を付与するための規定が、投資委員会によって承認された。・ アジア・ユーティリティー・ビークル(AUV)に代わり、...(記事全文)
2006年08月17日(木)
・フィリピン自動車工業会(CAMPI)が16日に示した7月の新車販売台数は今年最高の8,601台で、前年同月に比べ9.4%増加した。ただ年初来の累計では、前年同期実績にまだ届いていない。・1~7...(記事全文)
2006年08月16日(水)
・政府は、マレーシアが国産車保護のため完成車(CBU)輸入に非関税障壁を設けている問題について、月内に同国で開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)経済相会議で議論を交わす。タイやインドネシアに...(記事全文)
2006年08月07日(月)
・フィリピン自動車工業会(CAMPI)は、フィリピン自動車部品製造業者連盟(MVPMAP)が先ごろ「国民車計画」として政府に提案したアジア・ユーティリティー・ビークル(AUV)の復活を歓迎する意...(記事全文)
2006年08月03日(木)
・ホンダ・カーズ・フィリピンは2日、新型スポーツ・ユーティリティー・ビークル(SUV)「パイロット」を11月に発売する。販売価格は260万ペソ(約580万円)の高級車種だが、富裕層を取り込み、年...(記事全文)
2006年08月01日(火)
・フィリピン自動車部品製造業者連盟(MVPMAP)が、1990年代に人気を博したアジア・ユーティリティー・ビークル(AUV)の生産再開を求める声明を発表した。・昨年の新車販売台数9万7,065台...(記事全文)
2006年07月18日(火)
・富士重工業が製造するスバル車の、フィリピンにおける販売活動が今月から再開された。ゼネラル・モーターズ(GM)から離れ、独自の販売代理店モーター・イメージ・フィリピンを通じ、高級車市場でのプレゼ...(記事全文)
2006年07月10日(月)
・ゼネラル・モーターズ(GM)オートモービルが、新たにシボレーの「スパーク」と「アヴェオ」の2車種をフィリピン市場に投入した。排気量はそれぞれ1000ccと1200ccで、燃料消費の少ない小型車...(記事全文)