スバル、国内工場の休止期間を変更、新型コロナウイルスの影響受け  [ 日本 ]

・スバル(SUBARU)は6日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、先に発表した国内生産拠点の操業停止期間を変更すると発表した。 ・完成車を生産する本工場および矢島工場、エンジン・トランスミッションを生産する大泉工場について、当初は4月11日からとしていた休止期間の開始を早め、4月9日から...
<2020年04月06日(月)>