マツダ、2019年4-12月期の売上高は2.5%減の2.6兆円  [ 日本 ]

・マツダが5日に発表した2019年4-12月期の連結決算は、売上高が前年同期比2.5%減の2兆5,563億円となった。 ・営業利益は為替の影響や研究開発費の増加、米国新工場関連費用などの成長投資が押し下げ要因となり、前年同期比43.3%減の323億円。親会社株主に帰属する当期純利益は8.4%減...
<2020年02月05日(水)>