FCA、米国での燃費規制値未達で7,900万ドルの罰金を求められる  [ 米国 ]

・複数の米国メディアは10月16日、FCAが米国運輸省道路交通局(NHTSA)から、7,900万ドルの罰金を求められていることを認めたと報じた。NHTSAによると、FCAは2017年型の乗用車に課せられていた最低燃費規制を達成できなかったという。・FCAには、NHTSAからのレターに反論するために60日の猶予期間が与えられている。・FCAの2017年型車は、クレジット無しの状態で年毎の達成状況をベースにした33.8mpgの規制値に対し、1.5mpg未達であったという。・FCAは2018年にも、2016年型車の燃費が規制値に対し0.5mpg未達であったため、7,730万ドルの罰金を支払った...
<2019年10月23日(水)>