フィリピン政府、2019年内にEVメーカーへのインセンティブ決定を目指す  [ フィリピン ]

・5月30日付のフィリピン現地メディアInquirer.netは、フィリピン貿易産業省(DTI)がまだコストベネフィット分析必要だと強調しながらも、電気自動車(EV)メーカーへのインセンティブパッケージを2019年内に確定する見込みだと報じた。・DTIによるとインセンティブパッケージには、フィリピン国内でEV生産を計画するメーカーに対する一時的なEVの輸入関税免除が含まれるという。免除期間は2-3年間で、インセンティブは短期的にはEV普及のベースを作るために供与され、その後はEVの生産に対してインセンティブを供与する。・最終的にはEVの完全国産化を目標とするが、DTIは少なくとも国内で調...
<2019年05月31日(金)>