豪新車販売、2月は7.7%減の8.9万台

[ オーストラリア ]

・オーストラリア連邦自動車産業会議所(FCAI)が3日に発表した2月の新車販売台数は、前年同月比7.7%減の8万9,025台となった。
・1-2月の累計販売台数は3.8%減の17万3,935台となっている。
・2月の販売台数を車型別に見ると、乗用車は12.2%減の3万4,740台、SUVは3.7%減の3万5,497台、小型商用車が5.6%減の1万6,512台、大型商用車は9.7%減の2,276台となり、全車種でマイナス成長となった。また、SUVの販売台数が初めて乗用車を超える結果となった。
・メーカー/ブランド別に見ると、トヨタが前年同月比0.7%増の1万6,308台、マツダが2.8%減の9,923台、現代が9.1%減の7,001台、三菱は13.8%減の5,758台、ホールデンが22.0%減の5,724台、フォードが14.8%減の5,669台などとなっている。
・モデル別では、首位はトヨタ「カローラ(Corolla)」で3,392台、2位はトヨタ「ハイラックス(Hilux)」で3,386台、3位は「マツダ3(Mazda3)」で3,143台、4位はフォード「レンジャー(Ranger)」で2,931台、5位は現代「i30」で2,003台。

FCAIのリリースをみる

おすすめコンテンツ
オーストラリアの新車販売台数(速報)をみる
オーストラリアの月次販売台数データをみる
オーストラリアの自動車工場立地マップ
※クリックすると拡大します

オーストラリア、台数に関するニュース

オーストラリア、台数に関するレポート