ダイムラー、次期型「スプリンター」の生産体制を再編、北米生産を決定  [ 米国 ] [ ドイツ ]

・ダイムラーは21日、商用バン「スプリンター(Sprinter)」の次期型モデルの長期生産戦略を策定したと発表した。 ・次期型「スプリンター」の生産のため、ドイツ・デュッセルドルフ(Dusseldorf)工場とルートヴィヒスフェルデ(Ludwigsfelde)工場に、計4億5,000万ユーロを投資し、施設の刷新を図る計画。特にデュッセルドルフ工場には3億ユーロを投資して、ボディーショップ、塗装施設、組立ラインを刷新、グローバル生産体制の中核工場としての役割を担う予定。 ・また、ドイツに次いで「スプリンター」の市場規模の大きい米国への供給体制も再編する。現在、米国向け「スプリンター」はドイ...
<2014年10月23日(木)>