Hydro、ドイツでアルミボディシートの生産能力拡大へ  [ ドイツ ]

Hydroは、ドイツGrevenbroichの圧延製品工場に新たに生産ラインを1本建設すると発表した。これにより、自動車用アルミニウムボディシートの年産能力を20万トンとする計画。今回の生産ライン建設は、連続熱処理能力を年間2万トンから5万トンに引き上げる決定に伴うもの。投資額は130百万ユーロ。2016年下期に完成する予定で、生産されたアルミボディシートは、フード、ドア、テールゲート、サイドパネルなどの自動車用部品に採用されるという。(2014年2月25日付プレスリリースより)
<2014年02月25日(火)>