NTN、中国で等速ジョイント製造の合弁会社設立へ  [ 中国 ]

NTNは、中国における3番目の等速ジョイント (CVJ) の製造拠点として、湖北省襄陽市に合弁会社「襄陽恩梯恩裕隆傳動系統有限公司 (Xiangyang NTN-Yulon Drivetrain Co., Ltd.)」を設立すると発表した。資本金は34百万ドルで、出資比率はNTNが60%、台湾の裕隆グループである江申工業股份有限公司が40%。敷地面積は約133,000平方メートル、延床面積は約24,000平方メートルとなる予定。2015年4月から量産を開始し、2017年度までに従業員約500名を雇用する計画。2017年度の売上高は約140億円 (138百万ドル) を見込んでいる。(201...
<2014年02月04日(火)>