Volt (Chevrolet)

 ニュース
2019年03月19日(火)

・起亜は3月14日、米国法人のKia Motors America (KMA)がアマゾンとEV充電器の販売で提携したと発表した。家庭用充電器とアマゾンが保証する設置サービスをワンストップ・ショッピングで提供する。
・「ソウル(Soul) EV」、「ニーロ(Niro) EV」、「ニーロ(Niro) PHEV」、「オプティマ(Optima) PHEV」を購入する前に、顧客はアマゾンのサイトで充電器の選び方、設置方法、充電について学ぶことができる。
・顧客はアマゾンのサイトで、起亜が推奨するLevel 2 (240 volt)充電器と充電器の設置方法、アマゾンの顧客の評価、充電サービス価格、資格を持つ電気工の日程の情報が得られる。
・アマゾンはすべての家庭用充電器の設置サービスを保証する。
・「家庭用充電器の購入はこれ以上に簡単にはできない」と起亜のCar Planning and Telematics担当役員のOrth Hedrick氏は語った。
起亜のプレスリリースをみる

2019年03月11日(月)

・3月7日付けのデトロイトフリープレスは、GMが米国ミシガン州にあるポンティアック・メタルセンター(Pontiac Metal Center)の80人の従業員を4月末までに一時解雇する予定だと発表した。この決定は、デトロイト・ハムトラミック(Detroit-Hamtramck)工場でプラグインハイブリッド(PHV)のコンパクトカーのシボレー「ボルト(Volt)」とフルサイズセダンのビュイック「ラクロス(LaCross)」が生産終了したことに関連する。
・同センターは生産が終了した2モデルの金属プレス加工工程を担っていた。
・今回の一時解雇は、GM が昨年11月に発表した最新のリストラ計画の一環で、北米にある5つの工場を無制限期間休止することで2020年までに60億ドル(約6,660億円)の費用を抑える目的がある。
・GMはデトロイト・ハムトラミック工場での生産を今年6月に休止する予定だったが、シボレー「インパラ(Impala)」とキャデラックのセダン「CT6」の生産を2020年1月まで延長することで、800名の従業員に雇用延長の機会を与えることを決定していた。
・そのほか700名の従業員については、フルサイズのピックアップトラックのシボレー「シルバラード(Silverado)」のライトデューティならびにヘビーデューティ、GMCの「シエラ(Sierra)」のクルーキャブとレギュラーキャブを生産しているミシガン州フリント(Flint)工場などへ異動させた。
(Detroit Free Press article on March 8, 2019)

2019年02月26日(火)

・デトロイトニュースは2月22日、GMが工場やディーラー在庫を考慮の上、顧客からの需要に生産スケジュールを合わせ、デトロイト・ハムトラミック(Detroit-Hamtramck)工場生産のプラグインハイブリッド(PHV)のコンパクトカー・シボレー「ボルト(Volt)」とフルサイズセダンのビュイック「ラクロス(LaCross)」の生産を終了したと報じた。
・PHV「ボルト」は2010年から生産された初期のPHVのひとつで、リチウムイオンバッテリーの進化に貢献したが、現在多くの電気自動車(EV)が航続距離200マイル超となっているなかで、その役割を終えることとなった。
・GMは2018年米国で、1万8,306台のPHV「ボルト」を販売した。
・GMは航続距離238マイルの電気自動車(EV)シボレー「ボルト(Bolt)」を販売しており、将来より多くのEVを投入すると発表している。
(Detroit News articles on February 22, 2019) 1 / 2

 モデルチェンジ